Updated on 2018.2.19

Top Page
  1. 中西郁夫,小島秀夫,井上博夫
    鉄(III) 1,2-ベンゼンジチオラート錯体を対アニオンとするチアゾリウム塩の合成と性質
    日本化学会第67春季年会,青山学院大学,1994年,3月
  2. 中西郁夫,小島秀夫,井上博夫
    鉄(III) 1,2-ベンゼンジチオラート錯体を対アニオンとするチアゾリウム塩の触媒機能
    第9回生体機能関連化学シンポジウム,慶応義塾大学,1994年,5月
  3. 小島秀夫,中西郁夫,井上博夫
    SYNTHESIS AND PROPERTIES OF IRON(III) 1,2-BENZENEDITHIOLATE COMPLEX BEARING 3-BENZYLTHIAZOLIUM AS A COUNTER CATION
    The 30th International Conference on Coordination Chemistry,京都,1994年,7月
  4. 中西郁夫,太田真由美,小島秀夫,井上博夫
    ビス(1,2-ベンゼンジチオラート)鉄錯体の酸化還元挙動
    日本化学会第69春季年会,立命館大学,1995年,3月
  5. 中西郁夫,井上博夫
    活性アルデヒドによるビス(1,2-ベンゼンジチオラート)鉄(III)錯体の還元
    日本化学会第70春季年会,青山学院大学,1996年,3月
  6. 中西郁夫,井上博夫
    チアゾリウム塩とビス(1,2-ベンゼンジチオラート)鉄(III)錯体を触媒とする電子伝達反応
    日本化学会第70春季年会,青山学院大学,1996年,3月


  7. 中西郁夫,伊東 忍,末延知義,福住俊一
    チアミン補酵素活性中間体の酸化還元挙動
    第11回生体機能関連化学シンポジウム,九州大学,1996年,10月
  8. 中西郁夫,伊東 忍,末延知義,福住俊一
    チアミン補酵素類縁体の電子移動触媒作用
    第13回 基礎有機化学連合討論会,名古屋大学,1996年,11月
  9. 口頭発表:チアミン補酵素類縁体の不安定活性アルデヒド中間体のキャラクタリゼーション
    中西郁夫,伊東 忍,末延知義,福住俊一
    日本化学会第72春季年会,立教大学,1997年3月27〜30日(28日, 2B245)
  10. 口頭発表:チアミン補酵素活性アルデヒドの電子移動特性
    中西郁夫,伊東 忍,末延知義,福住俊一
    日本化学会第72春季年会,立教大学,1997年3月27〜30日(28日, 2B246)
  11. 口頭発表:チアミン補酵素由来の活性アルデヒド中間体による生体関連基質の還元反応
    中西郁夫,伊東 忍,末延知義,福住俊一
    日本化学会第72春季年会,立教大学,1997年3月27〜30日(28日, 2B247)
  12. 口頭発表:Formation of C60 Radical Anion in the Reaction of C60 with Alkoxide Anions
    福住俊一,末延知義,○中西郁夫,Karl M. Kadish
    The 1997 Joint International MeetingミThe Electrochemical Society,192nd Meeting;International Society of Electrochemistry,48th Annual Meeting,パリ(フランス),1997年,9月
  13. 中西郁夫,伊東 忍,末延知義,福住俊一
    チアミン補酵素類縁体の電子移動化学
    第12回生体機能関連化学シンポジウム,岩手大学,1997年,9月
  14. 口頭発表:チアミン補酵素活性アルデヒド中間体の生成機構
    中西郁夫,伊東 忍,末延知義,福住俊一
    日本化学会第74春季年会,同志社大学,1998年3月27〜30日(29日, 3G429)
  15. 口頭発表:アントラセンラジカルカチオンの不均化反応に対する触媒作用
    中西郁夫,田仲啓子,末延知義,伊東 忍,福住俊一
    日本化学会第74春季年会,同志社大学,1998年3月27〜30日(29日, 3D234)
  16. 口頭発表:マンガン(III)ドデカフェニルポルフィリン類の電子移動特性
    中西郁夫,田仲啓子,末延知義,伊東 忍,Roger Guilard,Karl M. Kadish,福住俊一
    日本化学会第74春季年会,同志社大学,1998年3月27〜30日(30日, 4A102)
  17. 口頭発表:有機金属ポルフィリンの電子移動酸化反応における塩基の効果
    中西郁夫,田仲啓子,末延知義,伊東 忍,Roger Guilard,Karl M. Kadish,福住俊一
    日本化学会第74春季年会,同志社大学,1998年3月27〜30日(30日, 4A103)
  18. 口頭発表:Electron Transfer Properties of RC60 Anions and Radicals
    福住俊一,中西郁夫,末延知義,Karl M. Kadish
    The Electrochemical Society,193rd Meeting,サンディエゴ(米国),1998年,5月
  19. 福住俊一,中西郁夫,田仲啓子,末延知義,伊東 忍,Roger Guilard,Karl M. Kadish
    有機金属ポルフィリンの電子移動機構
    第45回有機金属化学討論会,中央大学,1998年,9月
  20. 中西郁夫,伊東 忍,末延知義,福住俊一
    チアミン補酵素モデル−チアゾリウムイリドおよび活性アルデヒドの生成機構−
    第13回生体機能関連化学シンポジウム,愛媛大学,1998年,9月
  21. 中西郁夫,末延知義,伊東 忍,Roger Guilard,Karl M. Kadish,福住俊一
    平面型および非平面型金属ポルフィリン錯体の電子移動特性
    第48回錯体化学討論会,高知大学,1998年,9月
  22. 中西郁夫,田仲啓子,末延知義,伊東忍,Roger Guilard,Karl M. Kadish,福住俊一
    有機鉄(III)ポルフィリンの電子移動酸化反応機構
    第31回酸化反応討論会,九州大学,1998年,11月
  23. 福住俊一,中西郁夫,末延知義,伊東 忍
    C60およびその誘導体の電子移動特性
    第14回基礎有機化学連合討論会,広島大学,1998年,11月
  24. 中西郁夫,伊東 忍,福住俊一
    チアミン補酵素類縁体活性アルデヒドによるトリス(1,10-フェナントロリン)コバルト(II)錯体の電子移動還元
    日本化学会第76春季年会,神奈川大学,1999年,3月
  25. 中西郁夫,伊東 忍,福住俊一
    NAD+類縁体の電子移動特性
    日本化学会第76春季年会,神奈川大学,1999年,3月
  26. 中西郁夫,Roger Guilard,Karl M. Kadish,福住俊一
    マンガン(III)ポルフィリン錯体の電子移動還元における塩基の効果
    日本化学会第76春季年会,神奈川大学,1999年,3月
  27. 中西郁夫,福住俊一
    アントラセン類の多電子酸化反応における反応中間体の速度論
    日本化学会第76春季年会,神奈川大学,1999年,3月
  28. 中西郁夫,伊東 忍,福住俊一
    ELECTRON TRANSFER PROPERTIES OF ACTIVE ALDEHYDES OF THIAMIN COENZYME MODELS AND MECHANISM OF FORMATION OF THE REACTIVE INTERMEDIATES
    THE FOURTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FUNCTIONAL DYES,大阪, 1999年,6月
  29. 中西郁夫,大久保 敬,末延知義,伊東 忍,福住俊一
    酸化還元系補酵素類縁体のラジカル中間体の検出と電子移動特性
    第14回生体機能関連化学シンポジウム,北海道大学,1999年,9月
  30. 中西郁夫, Roger Guilard,Karl M. Kadish,福住俊一
    金属ポルフィリン錯体の電子移動速度に及ぼす軸配位子の影響
    第49回錯体化学討論会,北海道大学,1999年,9月


  31. 中西郁夫,伊東 忍,福住俊一
    ビタミンB1類縁体活性アルデヒド中間体の生成機構と電子移動特性
    日本薬学会第120年会,岐阜,2000年,3月
    ハイライト
  32. 宮田直樹,山越葉子,中西郁夫,福原 潔
    Mechanistic Evidences for the Generation of Superoxide and Hydroxyl Radical by an Aqueous Fullerene/hn/O2/Reductant System
    The Electrochemical Society,197th Meeting,トロント(カナダ),2000年,5月
  33. 中西郁夫,山越葉子,宮田直樹
    Predominant Generation of Reduced Oxygen Species in the Photochemical Reaction of C60 with Reductants in Non-Aqueous Polar Solvents
    The Electrochemical Society,197th Meeting,トロント(カナダ),2000年,5月
  34. 中西郁夫,福住俊一
    マンガン(III)および鉄(III)ポルフィリン錯体の電子移動速度に及ぼす非平面性の影響
    第10回金属の関与する生体関連反応シンポジウム,東京大学,2000年,5月
  35. 中西郁夫,山越葉子,大久保 敬,藤田俊介,藤塚 守,伊藤 攻,福住俊一,宮田直樹
    酸素存在下におけるフラーレンの電子移動特性
    第19回フラーレン総合シンポジウム,群馬,2000年,7月
  36. 宮田直樹,中西郁夫,山越葉子,大久保 敬,福住俊一
    Direct Observation of the ESR Spectrum of Superoxide Anion in an Aqueous C60/PVP/NADH/O2 System under Irradiaton
    10th Biennial Meeting of the International Society for Free Radical Research (SFRR 2000),京都,2000年,10月
  37. 中西郁夫,山越葉子,福原 潔,宮田直樹
    還元剤存在下における光増感DNA切断に関与する酸化活性種の解析
    第15回生体フリーラジカル研究会,東京,2000年,11月
  38. 中西郁夫,山越葉子,大久保 敬,福住俊一,宮田直樹
    O2・- Generation in C60-Photosensitized Oxidation of NADH and Analogues by Oxygen
    2000環太平洋国際化学会議,ハワイ(米国),2000年,12月
  39. 宮田直樹,中西郁夫
    Electron Transfer from Photochemically Reduced C60 (g-Cyclodextrin-Bicapped C60) to Molecular Oxygen Causes DNA-Cleavages
    The 4th Taiwan-Japan Cooperative Meeting of Fullerene Science and Technology,台北(台湾),2000年,12月
  40. 中西郁夫,小西利史,大久保 敬,藤塚 守,伊藤 攻,福住俊一,宮田直樹
    水溶液中におけるC60/g-シクロデキストリン/NADH/O2系の光反応によるO2・-生成とDNA切断
    第20回フラーレン総合シンポジウム,愛知,2001年,1月
  41. 中西郁夫,小西利史,大久保 敬,藤塚 守,伊藤 攻,福住俊一,宮田直樹
    DNA Cleavage via Electron Transfer from NADH to Molecular Oxygen Photosensitized by g-Cyclodextrin-Bicapped C60
    The Electrochemical Society,199th Meeting,ワシントンDC(米国),2001年,3月
  42. 中西郁夫,小西利史,大久保 敬,藤塚 守,伊藤 攻,福住俊一,宮田直樹
    光電子移動を経由する水溶性C60-シクロデキストリン錯体/NADH系におけるスーパーオキシドの生成機構
    日本薬学会第121年会,札幌,2001年,3月
  43. 丹野雅幸,末吉祥子,福原 潔,中西郁夫,宮田直樹
    活性酸素の生成を伴うNO遊離化合物の合成
    日本薬学会第121年会,札幌,2001年,3月
  44. 福原 潔,内藤有紀,佐藤由紀子,中西郁夫,宮田直樹
    キノンによる活性酸素生成とDNA損傷反応
    第23回磁気共鳴医学会・第5回SFRR Japan合同学会,横浜,2001年,5月
  45. 中西郁夫,大久保 敬,小西利史,藤塚 守,伊藤 攻,福住俊一,宮田直樹
    水溶性フラーレンの光照射による活性酸素生成の速度論
    第21回フラーレン総合シンポジウム,つくば,2001年,7月
  46. 中西郁夫,福原 潔,島田知一,大久保 敬,栗原正明,浦野四郎,福住俊一,宮田直樹
    Superoxide Anion Generation via Electron-Transfer Oxidation of Catechin Dianion by Molecular Oxygen in an Aprotic Medium
    8th International Conference on Environmental Mutagen Nara Satellite Meeting,奈良,2001年,10月
  47. 福原 潔,中西郁夫,永川真希,宮田直樹
    Structural Basis for DNA Cleaving-Activity of Resveratrol
    8th International Conference on Environmental Mutagen Nara Satellite Meeting,奈良,2001年,10月
  48. 中西郁夫,福原 潔,島田知一,大久保 敬,栗原正明,浦野四郎,福住俊一,宮田直樹
    カテキンジアニオンの酸化による活性酸素生成機構
    第34回酸化反応討論会,名古屋,2001年,11月
  49. 福原 潔,中西郁夫,内藤有紀,佐藤由紀子,島田知一,浦野四郎,宮田直樹
    キノン/NADHによる活性酸素生成機構の解析
    第34回酸化反応討論会,名古屋,2001年,11月
  50. 飯塚優子,稲見圭子,中西郁夫,福原 潔,宮田直樹,望月正隆
    塩素で置換した新規ビタミンE類縁体の抗酸化活性に及ぼす置換基の効果
    第34回酸化反応討論会,名古屋,2001年,11月
  51. 福原 潔,中西郁夫,島田知一,永川真希,浦野四郎,宮田直樹
    レスベラトロールによる酸化傷害の解析−フェノール性水酸基からの活性酸素の生成−
    第16回生体フリーラジカル研究会,東京,2001年,12月
  52. 島田知一,中西郁夫,福原 潔,大久保 敬,栗原正明,浦野四郎,福住俊一,宮田直樹
    塩基性条件下におけるカテキンからの活性酸素生成
    第16回生体フリーラジカル研究会,東京,2001年,12月
  53. 中西郁夫,福原 潔,大久保 敬,島田知一,浦野四郎,福住俊一,宮田直樹
    フラボノイド類からの活性酸素生成機構
    日本薬学会第122年会,幕張メッセ,2002年,3月
  54. 中西郁夫,福原 潔,大久保 敬,飯塚優子,稲見圭子,望月正隆,島田知一,浦野四郎,福住俊一,宮田直樹
    ビタミンE類縁体ラジカルの金属イオンによる安定化とキャラクタリゼーション
    日本薬学会第122年会,幕張メッセ,2002年,3月
  55. 飯塚優子,稲見圭子,中西郁夫,福原 潔,宮田直樹,望月正隆
    塩素置換新規ビタミンE類縁体の抗酸化活性に及ぼす置換基効果
    日本薬学会第122年会,幕張メッセ,2002年,3月
  56. 中西郁夫,福原 潔,島田知一,大久保 敬,浦野四郎,飯塚優子,稲見圭子,望月正隆,福住俊一,宮田直樹
    ビタミンE類縁体ラジカルの安定性に及ぼす金属イオンの効果
    日本化学会第81春年会,早稲田大学,2002年,3月
  57. 中西郁夫,福原 潔,島田知一,大久保 敬,浦野四郎,栗原正明,福住俊一,宮田直樹
    カテキン類による活性酸素生成とラジカル中間体のキャラクタリゼーション
    日本化学会第81春年会,早稲田大学,2002年,3月
  58. 福原 潔,中西郁夫,島田知一,木村光宏,杉山悦子,寒水壽朗,山口健太郎,浦野四郎,宮田直樹
    平面型カテキン誘導体の活性酸素消去能
    日本化学会第81春年会,早稲田大学,2002年,3月
  59. 中西郁夫,丹野雅幸,福原 潔,大久保 敬,福住俊一,末吉祥子
    ピリジンN-オキシド誘導体ラジカルアニオンの反応性
    日本化学会第81春年会,早稲田大学,2002年,3月

  60. 中西郁夫,大久保 敬,小西利史,藤塚 守,伊藤 攻,福住俊一,宮田直樹
    シクロデキストリン-フラーレン錯体による光DNA切断機構
    第24回日本フリーラジカル学会,大阪市立大学,2002年,5月
  61. 福原 潔,中西郁夫,島田知一,木村光宏,杉山悦子,寒水壽朗,山口健太郎,浦野四郎,宮田直樹
    平面型カテキン誘導体のラジカル消去能の評価
    第24回日本フリーラジカル学会,大阪市立大学,2002年,5月
  62. 宮崎健太郎,中西郁夫,島田知一,大久保 敬,浦野四郎,福住俊一,宮田直樹,福原 潔
    塩基性条件下におけるフェノール性化合物からの活性酸素生成
    第24回日本フリーラジカル学会,大阪市立大学,2002年,5月
  63. 福原 潔,中西郁夫,袴田 航,宮崎健太郎,寒水壽郎,島田知一,木村光宏,山口健太郎,浦野四郎,宮田直樹,奥田晴宏
    抗酸化作用の増強を目的とした平面型カテキンの開発
    第9回日本がん予防研究会,熊本,2002年,7月
  64. 中西郁夫,福原 潔,宮崎健太郎,田草川光子,浦野四郎,大久保 敬,小西利史,藤塚 守,伊藤 攻,福住俊一,宮田直樹,伊古田暢夫,小澤俊彦
    フラーレン内包β-およびγ-シクロデキストリン錯体の光DNA切断活性
    第23回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム,ホテル松島大観荘,2002年,7月
  65. 中西郁夫
    活性酸素・ラジカルの検出
    第5回ESRセミナー,昭和大学,2002年,8月23日
  66. 中西郁夫,宮崎健太郎,島田知一,浦野四郎,大久保 敬,伊古田暢夫,小澤俊彦,福住俊一,福原 潔
    抗酸化剤ラジカル中間体のキャラクタリゼーション
    第17回生体関連化学シンポジウム,大阪大学,2002年,9月
  67. 中西郁夫,宮崎健太郎,大久保 敬,島田知一,浦野四郎,伊古田暢夫,小澤俊彦,福住俊一,福原 潔
    抗酸化剤に由来するフェノキシルラジカルと金属イオンとの相互作用
    第52回錯体化学討論会,東京大学駒場キャンパス,2002年,9月30日
  68. 中西郁夫,宮崎健太郎,大久保 敬,島田知一,浦野四郎,伊古田暢夫,小澤俊彦,福住俊一,福原 潔
    フラボノイド類の水素移動反応機構
    第16回基礎有機化学連合討論会,東京大学駒場キャンパス,2002年,10月4日
  69. 福原 潔,中西郁夫,宮崎健太郎,島田知一,袴田 航,大久保 敬,浦野四郎,福住俊一,伊古田暢夫,小沢俊彦,宮田直樹,奥田晴宏
    フラボノイド系抗酸化剤のラジカル消去能とプロオキシダント効果
    46回日本薬学会関東支部大会,共立薬科大学,2002年,10月26日
  70. 中西郁夫,宮崎健太郎,島田知一,大久保 敬,袴田 航,浦野四郎,奥田晴宏,福住俊一,福原 潔,伊古田暢夫,小澤俊彦
    抗酸化剤ラジカル中間体のスピン分布
    第41回ESR討論会・第7回 in vivo ESR研究会連合討論会,東京,2002年,10月30日
  71. 宮崎健太郎,中西郁夫,島田知一,大久保 敬,浦野四郎,奥田晴宏,福住俊一,福原 潔,伊古田暢夫,小澤俊彦
    カテキンのラジカル消去機構
    第41回ESR討論会・第7回 in vivo ESR研究会連合討論会,東京,2002年,10月30日
  72. 中西郁夫,宇都義浩,田草川光子,宮崎健太郎,福原 潔,奥田晴宏,浦野四郎,伊古田暢夫,小澤俊彦,永沢秀子,堀 均
    アルテピリンCの抗酸化反応機構
    第35回酸化反応討論会,京都,2002年,11月4日
  73. 宮崎健太郎,中西郁夫,大久保 敬,袴田 航,浦野四郎,福住俊一,伊古田暢夫,小澤俊彦,奥田晴宏,福原 潔
    ビタミンE類縁体アニオンの酸化反応機構
    第35回酸化反応討論会,京都,2002年,11月4日
  74. 福原 潔,中西郁夫,宮崎健太郎,袴田 航,島田知一,大久保 敬,浦野四郎,福住俊一,伊古田暢夫,小澤俊彦,奥田晴宏
    平面型カテキンのラジカル消去能とプロオキシダント効果
    第35回酸化反応討論会,京都,2002年,11月4日
  75. 中西郁夫,宮崎健太郎,島田知一,大久保 敬,袴田 航,浦野四郎,奥田晴宏,福住俊一,福原 潔,伊古田暢夫,小澤俊彦
    ELECTRON-TRANSFER MECHANISM IN RADICAL-SCAVENGING REACTIONS OF FLAVONOIDS
    Oxygen 2002: 9th Annual Meeting of the Oxygen Society,サンアントニオ(米国),2002年,11月22日
  76. 福原 潔,中西郁夫,宮崎健太郎,島田知一,袴田 航,大久保 敬,浦野四郎,福住俊一,伊古田暢夫,小澤俊彦,奥田晴宏
    フェノール性抗酸化剤からの活性酸素生成
    日本環境変異原学会第31回大会,東京,2002年,11月29日
  77. 福原 潔,中西郁夫,奥田晴宏,宮田直樹
    フェノール性化合物による酸化的DNA損傷
    第17回日本フリーラジカル学会関東支部会研究会,東京,2002年,12月7日
  78. 藤井 清,中西郁夫,宮田直樹
    水溶性C60誘導体の合成と活性酸素種発生能の評価
    第24回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム,岡崎,2003年,1月
  79. 中西郁夫,宮崎健太郎,大久保 敬,飯塚優子,稲見圭子,浦野四郎,奥田晴宏,望月正隆,福住俊一,福原 潔,小澤俊彦,伊古田暢夫
    ビタミンE類縁体の金属イオン存在下におけるラジカル消去反応
    第14回ビタミンE研究会,名古屋,2003年,1月
  80. 宮崎健太郎,中西郁夫,大久保 敬,袴田 航,浦野四郎,奥田晴宏,福住俊一,福原 潔,小澤俊彦,伊古田暢夫
    ビタミンE類縁体アニオンの酸化反応挙動
    第14回ビタミンE研究会,名古屋,2003年,1月
  81. 宮崎健太郎,中西郁夫,大久保 敬,袴田 航,浦野四郎,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫,宮田直樹,福原 潔
    平面型カテキン類縁体のペルオキシルラジカル消去能
    Peroxyl Radical Scavenging Ability of a Planar Catechin Analogue
    日本化学会第83春年会,早稲田大学,2003年,3月
  82. 中西郁夫,宮崎健太郎,大久保 敬,浦野四郎,奥田晴宏,小澤俊彦,福原 潔,上田順市,福住俊一,伊古田暢夫
    フラボノイド系抗酸化剤の酸化還元挙動
    Redox Behavior of Antioxidative Flavonoids
    日本化学会第83春年会,早稲田大学,2003年,3月
  83. 宮崎健太郎,中西郁夫,大久保 敬,浦野四郎,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫,福原 潔
    塩基性条件下におけるフラボノイド系抗酸化剤による活性酸素生成
    Generation of Active Oxygen Species by Antioxidative Flavonoids under Basic Conditions
    日本化学会第83春年会,早稲田大学,2003年,3月
  84. 中西郁夫,宇都義浩,薬丸晴子,宮崎健太郎,大久保 敬,浦野四郎,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,福原 潔,伊古田暢夫,永沢秀子,堀 均
    4-ヒドロキシケイ皮酸誘導体のラジカル消去機構
    Radical-Scavenging Mechanism of a 4-Hydroxycinnamic Acid Derivative
    日本化学会第83春年会,早稲田大学,2003年,3月
  85. 福原 潔,中西郁夫,伊古田暢夫,奥田晴宏,宮田直樹
    芳香族ニトロ化合物の光分解:NOの生成を伴う酸化的DNA鎖切断反応
    Photochemical Generation of Nitric Oxide from Nitroarene
    日本化学会第83春年会,早稲田大学,2003年,3月
  86. 中西郁夫,宇都義浩,薬丸晴子,宮崎健太郎,大久保 敬,浦野四郎,奥田晴宏,小澤俊彦,福原 潔,福住俊一,伊古田暢夫,永沢秀子,堀 均
    アルテピリンCのラジカル消去反応に及ぼす金属イオンの効果
    Effects of Metal Ions on the Radical-Scavenging Reaction of Artepillin C
    日本薬学会第123年会,長崎,2003年,3月
  87. 中西郁夫,宮崎健太郎,大久保 敬,浦野四郎,奥田晴宏,小澤俊彦,福原 潔,福住俊一,伊古田暢夫
    電子移動を経由する(+)-カテキンのラジカル消去反応機構
    Mechanism of Radical-Scavenging Reaction of (+)-Catechin via Electron Transfer
    日本薬学会第123年会,長崎,2003年,3月
  88. 宮崎健太郎,中西郁夫,大久保 敬,浦野四郎,奥田晴宏,小澤俊彦,伊古田暢夫,福住俊一,福原 潔
    ケルセチンとその誘導体のペルオキシルラジカル消去反応における構造活性相関
    Structure-Activity Relationship in Peroxyl Radical-Scavenging Reactions of Quercetin and its Derivatives
    日本薬学会第123年会,長崎,2003年,3月
  89. 藤井 清,中西郁夫,宮田直樹
    水溶性C60誘導体の合成と活性酸素種発生能の評価
    日本薬学会第123年会,長崎,2003年,3月
  90. 福原 潔,中西郁夫,袴田 航,寒水壽郎,島田知一、宮崎健太郎,大久保 敬,山口健太郎,浦野四郎,小澤俊彦,福住俊一,宮田直樹,伊古田暢夫,奥田晴宏
    平面型カテキン誘導体の合成とラジカル消去能
    日本薬学会第123年会,長崎,2003年,3月

    2003年度(26件)
  91. 中西郁夫,福原 潔,大久保 敬,稲見圭子,望月正隆,浦野四郎,松本茂信,小澤俊彦,伊東 忍,福住俊一,伊古田暢夫
    ビタミンEモデルラジカルの金属イオンによる安定化
    第13回金属の関与する生体関連反応シンポジウム,千葉大学,2003年,6月
  92. 中西郁夫,福原 潔,宮崎健太郎,大久保 敬,浦野四郎,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    フラボノイド系抗酸化剤のラジカル消去反応における金属イオンの加速効果
    第13回金属の関与する生体関連反応シンポジウム,千葉大学,2003年,6月
  93. 福原 潔,中西郁夫,宮崎健太郎,袴田 航,大久保 敬,小澤俊彦,浦野四郎,福住俊一,伊古田暢夫,奥田晴宏
    平面型カテキン誘導体の抗酸化機構の解析
    第10回日本がん予防研究会,北海道大学,2003年,6月
  94. 中西郁夫,大久保 敬,宮崎健太郎,袴田 航,浦野四郎,奥田晴宏,宮田直樹,上田順市,小澤俊彦,福住俊一,福原 潔,伊古田暢夫
    フラボノイド系抗酸化剤のラジカル消去機構
    第25回日本フリーラジカル学会東京工科大学,2003年,6月27日
    学術奨励賞受賞
  95. 福原 潔,中西郁夫,袴田 航,大久保 敬,島田知一,宮崎健太郎,浦野四郎,宮田直樹,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫,奥田晴宏
    平面型カテキン誘導体の合成と抗酸化作用
    第25回日本フリーラジカル学会東京工科大学,2003年,6月28日
  96. 福原 潔,袴田 航,中西郁夫,中村友里子,清水健彦,樋口 創,増田 雄,奥 忠武,浦野四郎,斎藤慎一,小澤俊彦,伊古田暢夫,奥田晴宏
    脂溶性平面型カテキン誘導体の合成とラジカル消去能の解析
    第47回日本薬学会関東支部大会,北里大学薬学部,2003年,10月4日
  97. 中西郁夫,宮崎健太郎,大久保 敬,浦野四郎,上田順市,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,福原 潔,伊古田暢夫
    フラボノイド類の酸化還元挙動
    第18回生体機能関連化学部会・第7回バイオテクノロジー部会合同シンポジウム,熊本大学工学部,2003年,10月12・13日
  98. Kiyoshi Fukuhara, Ikuo Nakanishi, Wataru Hakamata, Kei Ohkubo, Kentaro Miyazaki, Shiro Urano, Naoki Miyata, Toshihiko Ozawa, Shunichi Fukuzumi, Nobuo Ikota, and Haruhiro Okuda
    Planar Catechin Analogue as a New Type of Synthetic Antioxidant
    第5回AFMC国際医薬化学シンポジウム(AIMECS 03), Kyoto, October 14-17, 2003
  99. Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Kentaro Miyazaki, Shiro Urano, Haruhiro Okuda, Toshihiko Ozawa, Shunichi Fukuzumi, Kiyoshi Fukuhara, and Nobuo Ikota
    Mechanisms of Radical-Scavenging Reactions of Antioxidative Polyphenolic Flavones
    第5回AFMC国際医薬化学シンポジウム(AIMECS 03), Kyoto, October 14-17, 2003
  100. 中西郁夫,清水健彦,大久保 敬,袴田 航,宮崎健太郎,浦野四郎,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫,福原 潔
    フラボノイド系抗酸化剤の酸化における溶媒効果
    第36回酸化反応討論会,東京工業大学,2003年,10月30・31日
  101. 中西郁夫,宮崎健太郎,大久保 敬,袴田 航,浦野四郎,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫,福原 潔
    フラボノイド系抗酸化剤アニオン種の酸化反応挙動
    第36回酸化反応討論会,東京工業大学,2003年,10月30・31日
  102. 中西郁夫,西澤千穂,大久保 敬,竹下啓蔵,鈴木和夫,奥田晴宏,小澤俊彦,丹野雅幸,末吉祥子,福住俊一,伊古田暢夫,福原 潔
    ピリジンN-オキシドの還元による活性酸素生成
    第36回酸化反応討論会,東京工業大学,2003年,10月30・31日
  103. 福原 潔,中西郁夫,大久保 敬,宮崎健太郎,袴田 航,浦野四郎,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫,奥田晴宏
    平面型カテキンの抗酸化反応機構
    第36回酸化反応討論会,東京工業大学,2003年,10月30・31日
  104. Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Kentaro Miyazaki, Wataru Hakamata, Shiro Urano, Toshihiko Ozawa, Haruhiro Okuda, Shunichi Fukuzusmi, Nobuo Ikota, and Kiyoshi Fukuhara
    A Planar Catechin Analogue Having a More Negative Oxidation Potential than (+)-Catechin as an Electron-Transfer Antioxidant against a Peroxyl Radical
    Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research, Asia (SFRR-Asia), Seoul National University, Novemer 6-8, 2003
  105. Ikuo Nakanishi, Kentaro Miyazaki, Kei Ohkubo, Shiro Urano, Jun-Ichi Ueda, Wataru Hakamata, Haruhiro Okuda, Toshihiko Ozawa, Shunichi Fukuzusmi, Kiyoshi Fukuhara, and Nobuo Ikota
    Oxidation Potentials of Antioxidative Flavonoids and the Radical-Scavenging Abilities
    10th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Seattle, Washington USA, Novemer 20-24, 2003
  106. 福原 潔,中西郁夫,袴田 航,中村友里子,清水健彦,樋口 創,増田 雄,奥 忠武,浦野四郎,齋藤慎一,小澤利彦,宮田直樹,伊古田暢夫,奥田晴宏
    活性酸素毒性の予防を目的とした平面型カテキン誘導体の開発
    日本環境変異原学会第32回大会,三重,2003年,11月26〜28日
  107. Ikuo Nakanishi
    Mechanistic Studies on Radical-Scavenging Reactions of Antioxidative Flavonoids
    International Joint Meeting on Food Factors and Free Radicals in Health & Disease (FFFR2003), Kyoto, December 4-7, 2003
  108. 福原 潔,袴田 航,中西郁夫,中村友里子,清水健彦,樋口 創,増田 雄,奥 忠武,浦野四朗,斎藤慎一,宮田直樹,小澤俊彦,伊古田暢夫,奥田晴宏
    平面型カテキン誘導体の開発−生活習慣病の予防及び治療薬を目指して−
    第18回日本フリーラジカル学会関東部会,神奈川歯科大,2003年,12月22日
  109. 中西郁夫,○福原 潔,大久保 敬,西澤千穂,竹下啓蔵,鈴木和夫,丹野雅幸,末吉祥子,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    ピリジンN-オキシド誘導体による活性酸素生成
    Generation of Reactive Oxygen Species by Pyridine N-Oxide Derivatives
    日本化学会第84春年会,関西学院大学,2004年,3月28日(3PA-139)
  110. 中西郁夫,福原 潔,大久保 敬,清水健彦,浦野四郎,袴田 航,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    フェノール性抗酸化剤のラジカル消去反応に対する溶媒効果
    Effects of Solvents on Radical-Scavenging Reactions of Phenolic Antioxidants
    日本化学会第84春年会,関西学院大学,2004年,3月28日(3PA-140)
  111. 中西郁夫,福原 潔,大久保 敬,薬丸晴子,上田順市,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,○伊古田暢夫
    フラボノイド系抗酸化剤および対応するアニオン種の一電子酸化電位
    One-Electron Oxidation Potentials of Antioxidative Flavonids and Their Anions
    日本化学会第84春年会,関西学院大学,2004年,3月28日(3PA-141)
  112. 中西郁夫,清水健彦,大久保 敬,上田順市,薬丸晴子,浦野四郎,奥田晴宏,福住俊一,福原 潔,伊古田暢夫,○小澤俊彦
    天然抗酸化剤のラジカル消去能および一電子酸化電位に対する溶媒効果
    Solvent Effects on Radical-Scavenging Abilities and One-Electron Oxidation Potentials of Natural Antioxidants
    日本薬学会第124年会,大阪,2004年,3月29日(29【P2】I-378)
  113. ○福原 潔,袴田 航,中西郁夫,中村友里子,清水健彦,樋口 創,増田 雄,奥 忠武,浦野四朗,齋藤慎一,小澤俊彦,宮田直樹,伊古田暢夫,奥田晴宏
    脂溶性平面型カテキン誘導体の合成と抗酸化活性
    Synthesis and Antioxidative Activities of Planar Catechin Analogue
    日本薬学会第124年会,大阪,2004年,3月29日(29【P2】I-440)
  114. 中西郁夫,福原 潔,大久保 敬,西澤千穂,竹下啓蔵,鈴木和夫,丹野雅幸,末吉祥子,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,○伊古田暢夫
    ピリジンN-オキシド類の光還元によるヒドロキシルラジカル生成機構
    Mechanism for Generation of Hydroxyl Radical by Photoreduction of Pyridine N-Oxides
    日本薬学会第124年会,大阪,2004年,3月30日(30【P1】I-123)
  115. 中西郁夫,内藤有紀,佐藤由紀子,宮田直樹,奥田晴宏,小澤俊彦,伊古田暢夫,福原 潔
    キノンによる酸化的DNA損傷の化学的解析
    Chemical Analysis of Oxidative DNA Damage Caused by Quinones
    日本薬学会第124年会,大阪,2004年,3月31日(31【P1】I-122)
  116. 中西郁夫,○上田順市,松本茂信,稲見圭子,望月正隆,福原 潔,小澤俊彦,伊古田暢夫
    重水素化ビタミンEモデルラジカル−マグネシウム錯体のキャラクタリゼーション
    Characterization of Deuterated Vitamin E Model Radical-Magnesium Complex
    日本薬学会第124年会,大阪,2004年,3月31日(31【P1】I-126)

    2004年度(28件)
  117. 中西郁夫,川島知憲,金澤秀子,小澤俊彦,伊古田暢夫
    ビタミンEモデルのラジカル消去メカニズムに対する溶媒の影響
    第4回AOB(Anti-Oxidant Biofactor)研究会,高輪プリンスホテル(東京),2004年,6月4日
  118. 中西郁夫,宇都義浩,川島知憲,薬丸晴子,金澤秀子,小澤俊彦,永沢秀子,堀 均,伊古田暢夫
    金属イオン存在下における4-ヒドロキシケイ皮酸誘導体のラジカル消去反応
    Radical-Scavenging Reactions of 4-Hydroxycinnamic Acid Derivatives in the Presence of Metal Ions
    第14回金属の関与する生体関連反応シンポジウム,グランシップ(静岡),2004年,6月10, 11日
  119. 中西郁夫,川島知憲,金澤秀子,大久保 敬,福原 潔,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    酸素および窒素ラジカルの安定性に及ぼす金属イオンの影響
    Effects of Metal Ions on the Stability of Oxygen and Nitrogen Radicals
    第14回金属の関与する生体関連反応シンポジウム,グランシップ(静岡),2004年,6月10, 11日
  120. 中西郁夫,福原 潔,大久保 敬,川島知憲,薬丸晴子,金澤秀子,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    Electron-Transfer Mechanism of Radical-Scavenging Reactions of Phenolic Antioxidants
    CREST International Symposium on Radical Ion Reactivity (ISRIR 2004)淡路夢舞台国際会議場 ,2004年,6月20-24日
  121. 福原 潔,中西郁夫,小澤俊彦,伊古田暢夫,宮田直樹,奥田晴宏,Sidney M. Hecht
    N-オキシドの化学−嫌気性条件下でのヒドロキシルラジカルの生成とDNA切断活性−
    第26回日本フリーラジカル学会学術集会,ホテルキャッスル(山形),2004年,6月24, 25日
  122. 福原 潔,中西郁夫,袴田 航,川島知憲,今井耕平,金澤秀子,浦野四郎,小澤俊彦,宮田直樹,伊古田暢夫,奥田晴宏
    脂溶性平面型カテキン誘導体の合成と抗酸化能
    第26回日本フリーラジカル学会学術集会,ホテルキャッスル(山形),2004年,6月24, 25日
  123. 中西郁夫,川島知憲,宇都義浩,大久保 敬,薬丸晴子,田草川光子,金澤秀子,奥田晴宏,福原 潔,小澤俊彦,永沢秀子,福住俊一,堀 均,伊古田暢夫
    アルテピリンCによるラジカル消去反応の速度論的解析
    第26回日本フリーラジカル学会学術集会,ホテルキャッスル(山形),2004年,6月24, 25日
  124. 福原 潔,中西郁夫,袴田 航,川島知憲,今井耕平,金澤秀子,浦野四郎,小澤俊彦,伊古田暢夫,奥田晴宏
    がん予防を目的とした天然カテキンの誘導化
    第11回日本がん予防研究会・第27回日本がん疫学研究会,学術総合センター(東京),2004年,7月15, 16日
  125. 中西郁夫,○川島知憲,大久保 敬,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    フェノール性抗酸化剤のラジカル消去反応に対する溶媒の効果
    第19回日本化学会生体機能関連化学部会シンポジウム,東京大学,2004年,10月8, 9日
  126. ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,金澤秀子,奥田晴宏,福原 潔,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    フェノール性抗酸化剤のラジカル消去活性に及ぼすプロトン性溶媒の効果
    第48回日本薬学会関東支部大会,千葉大学,2004年10月9日
  127. 中西郁夫,川島知憲,大久保 敬,薬丸晴子,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    フェノール性抗酸化剤の酸化反応に対する溶媒効果
    第37回酸化反応討論会,関西大学,2004年,11月8,9日
  128. ○福原 潔,中西郁夫,小澤俊彦,伊古田暢夫,奥田晴宏,Sidney M. Hecht
    N-オキシド化合物からの活性酸素生成機構の解析
    第37回酸化反応討論会,関西大学,2004年,11月8,9日
  129. 中西郁夫,福原 潔,松本茂信,川島知憲,大久保 敬,稲見圭子,金澤秀子,望月正隆,奥田晴宏,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫
    フェノール性抗酸化剤に由来するフェノキシルラジカルの金属イオンによる安定化とキャラクタリゼーション
    第43回電子スピンサイエンス学会年会,共立薬科大学,2004年,11月10〜12日
  130. ○川島知憲,中西郁夫,福原 潔,大久保 敬,金澤秀子,奥田晴宏,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫
    ビタミンEモデルのラジカル消去反応機構に対する溶媒効果
    第43回電子スピンサイエンス学会年会,共立薬科大学,2004年,11月10〜12日
  131. ○福原 潔,中西郁夫,川島知憲,金澤秀子,小澤俊彦,伊古田暢夫,奥田晴宏
    平面型カテキン誘導体の抗酸化能の解析
    第43回電子スピンサイエンス学会年会,共立薬科大学,2004年,11月10〜12日
  132. Ikuo Nakanishi, Shigenobu Matsumoto, Kei Ohkubo, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Keiko Inami, Masataka Mochizuki, Shinobu Itoh, Shunichi Fukuzumi, Nobuo Ikota, and Toshihiko Ozawa
    ESR Study on Stable Magnesium Complexes of the Phenoxyl Radicals Derived from a Vitamin E Model and Its Deuterated Derivatives
    11th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), St. Thomas, US Virgin Islands, Novemer 17-21, 2004
  133. Ikuo Nakanishi, Tomonori Kawashima, Kei Ohkubo, Hideko Kanazawa, Haruhiro Okuda, Toshihiko Ozawa, Shunichi Fukuzumi, Kiyoshi Fukuhara, and Nobuo Ikota
    Solvent Effect on the Mechanism of Radical-Scavenging Reactions of a Vitamin E Analogue
    11th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), St. Thomas, US Virgin Islands, Novemer 17-21, 2004
  134. Ikuo Nakanishi, Nobuo Ikota, Tomonori Kawashima, Haruko Yakumaru, Hideko Kanazawa, Haruhiro Okuda, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, and Kiyoshi Fukuhara
    Radical-Scavenging Activities of Lipophilic Planar Catechin Derivatives
    11th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), St. Thomas, US Virgin Islands, Novemer 17-21, 2004
  135. ○福原 潔,中西郁夫,大久保 敬,飯塚優子,稲見圭子,望月正隆,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫,奥田晴宏
    フェノール性抗酸化剤のラジカル消去機構
    第33回日本環境変異原学会、第18回日本動物実験代替法学会合同大会,長崎,2004年,11月30日〜12月2日
  136. 中西郁夫,川島知憲,大久保 敬,福原 潔,金澤秀子,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    抗酸化剤のラジカル消去反応における塩基触媒作用
    第19回日本フリーラジカル学会関東支部会,共立女子大,2004年,12月11日
  137. ○福原 潔,中西郁夫,今井耕平,川村義彦,小原美紀,松村友博,川島知憲,金澤秀子,斎藤慎一,浦野四郎,小澤俊彦,伊古田暢夫,奥田晴宏
    生活習慣病の予防および治療物質としての平面型カテキン誘導体の可能性
    第19回日本フリーラジカル学会関東支部会,共立女子大,2004年,12月11日
  138. 中西郁夫,川島知憲,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    ビタミンE類縁体によるラジカル消去反応に対する塩基触媒作用
    第16回ビタミンE研究会,山口,2005年,1月21, 22日
  139. 中西郁夫,上林將人,大久保 敬,川崎郁勇,山下正行,太田俊作,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    抗酸化活性を示すジヒドロピリジン誘導体の酸化還元挙動
    Redox Behaviour of Dihydropyridine Derivatives Having Antioxidative Activities
    日本化学会第85春季年会,神奈川大学,2005年,3月26〜29日
  140. 中西郁夫,薬丸晴子,川島知憲,大久保 敬,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    分子内にピリジン骨格を有するビタミンE誘導体の合成とラジカル消去活性
    Synthesis and Radical-Scavenging Activity of Vitamin E Derivatives Having a Pyridine Moiety
    日本化学会第85春季年会,神奈川大学,2005年,3月26〜29日
  141. 安西和紀,上野恵美,吉田 顕,Winn Aung,中西郁夫,伊古田暢夫
    置換基の異なるPROXYL型スピンプローブの抗酸化活性と放射線防護効果
    Antioxidant Activity and Radiation Protection Activity of PROXYLs with Different Substituent
    日本薬学会第125年会,東京臨海副都心,2005年,3月29〜31日
  142. 中西郁夫,川島知憲,大久保 敬,福原 潔,金澤秀子,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    塩基存在下におけるビタミンE類縁体のラジカル消去反応
    Radical-Scavenging Reactions of a Vitamin E Analogue in the Presence of Bases
    日本薬学会第125年会,東京臨海副都心,2005年,3月29〜31日
  143. 中西郁夫,川島知憲,薬丸晴子,福原 潔,金澤秀子,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,○伊古田暢夫
    カテキンによるラジカル消去反応は水によって加速される
    Water-Accelerated Radical-Scavenging Reactions by (+)-Catechin in an Aprotic Medium
    日本薬学会第125年会,東京臨海副都心,2005年,3月29〜31日
  144. ○福原 潔,中西郁夫,今井耕平,川島知憲,袴田 航,増田 雄,奥 忠武,金澤秀子,浦野四郎,小澤俊彦,宮田直樹,伊古田暢夫,奥田晴宏
    天然フラボノイドの立体構造固定による抗酸化作用の増強
    Enhanced Radical Scavenging Ability of Sterically Restricted Flavonoids
    日本薬学会第125年会,東京臨海副都心,2005年,3月29〜31日

    2005年度(33件)
  145. 中西郁夫,川島知憲,乳井美奈子,薬丸晴子,川口久美子,大久保 敬,金澤秀子,奥田晴宏,福住俊一,小澤俊彦,福原 潔,伊古田暢夫
    フェノール性抗酸化剤のラジカル消去反応における塩基触媒作用
    第27回日本フリーラジカル学会学術集会,岡山大学創立50周年記念館,2005年,6月4, 5日
  146. ○福原 潔,中西郁夫,小原美紀,小澤俊彦,伊古田暢夫,宮田直樹,斎藤慎一,奥田晴宏
    新規抗酸化物質の開発−平面型カテキン誘導体へのリジンの導入−
    第27回日本フリーラジカル学会学術集会,岡山大学創立50周年記念館,2005年,6月4, 5日
  147. 中西郁夫,上林將人,○川島知憲,田草川光子,川口久美子,大久保 敬,金澤秀子,川崎郁勇,山下正行,太田俊作,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫
    活性酸素消去能を有するジヒドロピリジン誘導体の酸化還元挙動
    第27回日本フリーラジカル学会学術集会,岡山大学創立50周年記念館,2005年,6月4, 5日
  148. ○川島知憲,中西郁夫,乳井美奈子,川口久美子,大久保 敬,金澤秀子,奥田晴宏,福原 潔,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫
    プロトン性溶媒中におけるフェノール性抗酸化剤のラジカル消去反応に対する金属イオンの触媒作用
    Catalysis of Metal Ions in Radical-Scavenging Reactions by Phenolic Antioxidants in Protic Solvents
    第15回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2005),千里ライフサイエンスセンター,2005年,6月9, 10日
  149. Kazunori Anzai, Megumi Ueno, Akira Yoshida, Masako Furuse, Aung U Winn, Ikuo Nakanishi, Takashi Moritake, Haruko Yakumaru, Azusa Matsuyama, and Nobuo Ikota
    Comparison of Carbamoyl-, Methoxycarbonyl- and Hydroxymethyl-PROXYL with Respect to Radiation Protection, Prevention of DNA Damage, and Distribution in Mice
    A Joint Conference of 11th In Vivo EPR Spectroscopy and Imaging & 8th International EPR Spin Trapping (EPR 2005), Hilton Columbus, Columbus, Ohio, USA, September 4-8, 2005.
  150. ○川口久美子,中西郁夫,大久保 敬,川島知憲,金澤秀子,安西和紀,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    ニトロキシルラジカルによるペルオキシルラジカル消去機構
    Scavenging Mechanism of a Peroxyl Radical by a Nitroxyl Radical
    第20回生体機能関連化学シンポジウム,名古屋市立大学,2005年,9月17, 18日
  151. ○川島知憲,中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,川口久美子,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,永沢秀子,堀 均,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫
    4-プロペニルフェノール誘導体のラジカル消去活性
    Radical-Scavenging Activity of 4-Propenylphenol Derivatives
    第20回生体機能関連化学シンポジウム,名古屋市立大学,2005年,9月17, 18日
  152. ○西澤千穂,中西郁夫,大久保 敬,竹下啓蔵,鈴木和夫,宮田直樹,奥田晴宏,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫,福原 潔
    NADH類縁体によるピリジンN-オキシドの光還元による活性酸素生成
    Generation of Reactive Oxygen Species via Photoreduction of Pyridine N-Oxides by NADH Analogues
    第20回生体機能関連化学シンポジウム,名古屋市立大学,2005年,9月17, 18日
  153. 中西郁夫,乳井美奈子,川口久美子,田草川光子,川島知憲,大久保 敬,福原 潔,奥田晴宏,金澤秀子,宮田直樹,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    水溶性C70-シクロデキストリン錯体の光還元による活性酸素生成
    Generation of Reactive Oxygen Species by Photoreduction of Water Soluble C70-Cyclodextrin Complex
    第20回生体機能関連化学シンポジウム,名古屋市立大学,2005年,9月17, 18日
  154. ○福原 潔,中西郁夫,石井明子,川崎ナナ,川西 徹,浦野四郎,小澤俊彦,宮田直樹,伊古田暢夫,奥田晴宏
    カテキンの立体構造固定による抗酸化効果の増強と生物作用
    Enhanced Antioxidant Abilities and Biological Effects of Planar Catechin Analogues
    第20回生体機能関連化学シンポジウム,名古屋市立大学,2005年,9月17, 18日
  155. Keiko Suzuki, Izumi Tanaka, Ikuo Nakanishi, Ayako Kurematsu, Haruko Yakumaru, Nobuo Ikota, and Hiroshi Ishihara
    Caffeic Acid Phenethyl Ester and Caffeic Acid Ethyl Ester Activate Transcription of Heme Oxygenase-1 Gene in RAW 264.7 Mouse
    HO Conference 2005, The Fourth International Congress, Park Plaza Hotel, Boston, Massachusetts, USA, October 6-9, 2005.
  156. 中西郁夫,川口久美子,大久保 敬,川島知憲,金澤秀子,安西和紀,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    ESRを用いたニトロキシドラジカルによるペルオキシルラジカル消去機構の解明
    Mechanistic Study on the Scavenging Reaction of a Peroxyl Radical by a Nitroxide Radical with Use of the ESR
    第44回電子スピンサイエンス学会年会,仙台市戦災復興記念館,2005年,10月24〜26日
  157. ○川島知憲,中西郁夫,川口久美子,大久保 敬,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    金属イオンによる中性ラジカルの不均化反応制御
    Control of Disproportionation Reactivity of Neutral Radicals by Metal Ions
    第44回電子スピンサイエンス学会年会,仙台市戦災復興記念館,2005年,10月24〜26日
  158. ○小澤俊彦,川口久美子,中西郁夫,大久保 敬,川島知憲,金澤秀子,安西和紀,福住俊一,伊古田暢夫
    電子移動を経由するニトロキシドラジカルによるペルオキシルラジカル消去反応
    日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第29回大会,神戸大学六甲ホール,2005年,10月26, 27日
  159. ○鈴木桂子,田中 泉,中西郁夫,榑松文子,薬丸晴子、伊古田暢夫、石原 弘
    Caffeic Acid Phenethyl EsterおよびEthyl EsterによるMacrophageでのHeme Oxygenase-1遺伝子誘導活性化はレドックスを介さない機構による
    日本放射線影響学会第48回大会・第1回アジア放射線研究会議,広島国際会議場,2005年,11月15〜17日
  160. ○安西和紀,上野恵美,盛武 敬,Winn Aung,中西郁夫,薬丸晴子,吉田 顕,伊古田暢夫
    置換基の異なるPROXYL型安定ニトロキシドラジカルの放射線防護効果の比較
    Comparison of Radiation Protection Activity of Stable Nitroxide Radicals with Different Substituents
    日本放射線影響学会第48回大会・第1回アジア放射線研究会議,広島国際会議場,2005年,11月15〜17日
  161. ○川口久美子,中西郁夫,大久保 敬,川島知憲,金澤秀子,安西和紀,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    ペルオキシルラジカルによるニトロキシドラジカルの酸化反応機構
    Oxidation Mechanism of a Nitroxide Radical by a Peroxyl Radical
    第38回酸化反応討論会,北海道大学,2005年,11月17, 18日
  162. Ikuo Nakanishi, Kumiko Kawaguchi, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Hideko Kanazawa, Kazunori Anzai, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Nobuo Ikota
    Scavenging Reaction of Cumylperoxyl Radical by Nitroxide Radicals via Electron Transfer
    12th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Austin, Texas, USA, November 16-20, 2005.
  163. Tomonori Kawashima, Ikuo Nakanishi, Minako Nyui, Haruko Yakumaru, Kei Ohkubo, Hideko Kanazawa, Haruhiro Okuda, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, Kiyoshi Fukuhara, and Nobuo Ikota
    Base-Catalyzed Radical-Scavenging Reactions by Phenolic Antioxidants
    12th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Austin, Texas, USA, November 16-20, 2005.
  164. ○福原 潔,中西郁夫,浦野四郎,宮田直樹,小澤俊彦,伊古田暢夫,奥田晴宏
    カテキンをテンプレートとした新規化学予防物質の開発
    Planar Catechin Analogue as a New Type of Chemoprebentive Agent Derived from Natural Antioxidant
    第24回メディシナルケミストリーシンポジウム,大阪厚生年金会館,2005年,11月28〜30日
  165. Kumiko Kawaguchi, Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Hideko Kanazawa, Kazunori Anzai, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Nobuo Ikota
    Scavenging Reaction of Peroxyl Radical by Nitroxide Radical via Electron Transfer in Aprotic Media
    3rd Joint Meeting of the Societ for Free Radical Research of Australasia & Japan, Gold Coast, Australia, December 2-5, 2005.
  166. ○川口久美子,中西郁夫,大久保 敬,川島知憲,金澤秀子,安西和紀,竹下啓蔵,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    ニトロキシドスピンプローブによるペルオキシルラジカル消去の反応機構解明
    第20回日本フリーラジカル学会関東支部会,共立薬科大学,2005年,12月10日
  167. Ikuo Nakanishi, Chiho Nishizawa, Kei Ohkubo, Keizo Takeshita, Kazuo T. Suzuki, Toshihiko Ozawa, Sidney M. Hecht, Masayuki Tanno, Shoko Sueyoshi, Mitsuko Takusagawa, Naoki Miyata, Haruhiro Okuda, Shunichi Fukuzumi, Nobuo Ikota, and Kiyoshi Fukuhara
    Hydroxyl Radical Generation via One-Electron Reduction of Pyridine N-Oxides as a Key Structure of Antitumor Agents for Hypoxic Solid Tumours
    PACIFICHEM 2005, Honolulu, Hawaii, USA, December 15-20, 2005.
  168. Ikuo Nakanishi, Tomonori Kawashima, Minako Nyui, Kumiko Kawaguchi, Kei Ohkubo, Hideko Kanazawa, Keiko Inami, Masataka Mochizuki, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Toshihiko Ozawa, Shinobu Itoh, Shunichi Fukuzumi, and Nobuo Ikota
    Solvent Effect on the Radical-Scavenging Mechanism of Phenolic Antioxidants
    PACIFICHEM 2005, Honolulu, Hawaii, USA, December 15-20, 2005.
  169. Kiyoshi Fukuhara, Ikuo Nakanishi, Tomonori Kawashima,Haruko Yakumaru, Kumiko Kawaguchi, Hideko Kanazawa, Kazunori Anzai, Haruhiro Okuda, Kei Ohkubo, Toshihiko Ozawa, Shunichi Fukuzumi, and Nobuo Ikota
    Enhanced Radical-Scavenging Activities of Planar Catechin Derivatives Having Alkyl Side Chains
    PACIFICHEM 2005, Honolulu, Hawaii, USA, December 15-20, 2005.
  170. ○川島知憲,中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,永澤秀子,堀 均,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫
    4-プロペニルフェノール誘導体およびビタミンEモデルのラジカル消去活性
    第17回ビタミンE研究会,徳島大学,2006年,1月13, 14日
  171. Tomonori Kawashima, Ikuo Nakanishi, Sushma Manda, Yoshihiro Uto, Kei Ohkubo, Hideko Kanazawa, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, Shunichi Fukuzumi, and Nobuo Ikota
    Radical-Scavenging Activity of Natural Antioxidants Having 4-Propenylphenol Structures
    XVth Annual Meeting of the Oxygen Club of California, Santa Barbara, California, USA, March 15-18, 2006.
  172. Ikuo Nakanishi, Tomonori Kawashima, Ayako Tada, Haruko Yakumaru, Kei Ohkubo, Hideko Kanazawa, Shiro Urano, Haruhiro Okuda, Naoki Miyata, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, Sunichi Fukuzumi, Nobuo Ikota, and Kiyoshi Fukuhara
    Synthesis and Radical-Scavenging Activity of Planar Catechin Derivatives Having Alkyl Side Chains
    XVth Annual Meeting of the Oxygen Club of California, Santa Barbara, California, USA, March 15-18, 2006.
  173. 中西郁夫,○伊古田暢夫,薬丸晴子,乳井美奈子,西澤千穂,小澤俊彦,亀田裕昭,岡田泰一,大田俊作,山下正行,川崎郁勇,上林將人
    新規スピントラップ剤CYPMPO
    CYPMPO, a Novel Spin-Trapping Agent
    日本薬学会第126年会,仙台,2006年,3月28〜30日(P28[Q]pm-074)
  174. 川島知憲,中西郁夫,薬丸晴子,乳井美奈子,大久保 敬,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,福住俊一,○小澤俊彦,伊古田暢夫
    分子内に塩基性部位を有するビタミンE誘導体の合成とラジカル消去活性
    Synthesis and Radical-Scavenging Activity of Vitamin E Derivatives Having a Basic Moiety
    日本薬学会第126年会,仙台,2006年,3月28〜30日(P28[Q]pm-075)
  175. ○川口久美子,中西郁夫,大久保 敬,川島知憲,金澤秀子,安西和紀,竹下啓蔵,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    ニトロキシドスピンプローブによるペルオキシルラジカル消去の反応機構解明
    Scavenging Mechanism of a Peroxyl Radical by Nitroxide Spin Probes
    日本薬学会第126年会,仙台,2006年,3月28〜30日(P28[R]pm-332)
  176. 中西郁夫,川島知憲,川口久美子,大久保 敬,乳井美奈子,田草川光子,末延知義,福原 潔,伊藤 攻,奥田晴宏,金澤秀子,宮田直樹,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    水溶性C70-シクロデキストリン錯体による光DNA切断
    Photoinduced DNA Cleavage by Water Soluble C70-Cyclodextrin Complex
    日本薬学会第126年会,仙台,2006年,3月28〜30日(P30[S]pm-460)
  177. ○川島知憲,中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,鈴木桂子,川口久美子,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,永澤秀子,堀 均,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫
    4-プロペニルフェノール構造を有する抗酸化物質のラジカル消去活性の評価
    Evaluation of Radical-Scavenging Activity of Antioxidants with 4-Propenylphenol Structures
    日本薬学会第126年会,仙台,2006年,3月28〜30日(P30[S]pm-587)


    2006年度(28件)
  178. 中西郁夫,大久保 敬,川島知憲,川口久美子,乳井美奈子,田草川光子,末延知義,福原 潔,奥田晴宏,金澤秀子,宮田直樹,小澤俊彦,安西和紀,福住俊一,伊古田暢夫
    水溶性C70フラーレンの光反応による活性酸素生成とDNA切断
    第28回日本フリーラジカル学会学術集会,三重,2006年,5月13, 14日
  179. 川口久美子,○中西郁夫,大久保 敬,川島知憲,金澤秀子,安西和紀,竹下啓蔵,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫
    金属イオン存在下におけるニトロキシドスピンプローブによるペルオキシルラジカル消去反応
    第28回日本フリーラジカル学会学術集会,三重,2006年,5月13, 14日
  180. ○川島知憲,中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,Sushma Manda,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,永澤秀子,堀 均,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦,伊古田暢夫
    天然および合成4-プロペニルフェノール誘導体のラジカル消去活性
    第28回日本フリーラジカル学会学術集会,三重,2006年,5月13, 14日
  181. ○福原 潔,中西郁夫,松村友博,斎藤慎一,宮田直樹,小澤俊彦,伊古田暢夫,奥田晴宏
    レスベラトロールをシーズとした新規抗酸化剤の開発
    第28回日本フリーラジカル学会学術集会,三重,2006年,5月13, 14日
  182. ○安西和紀,上野恵美,乳井美奈子,薬丸晴子,中西郁夫,伊古田暢夫,鍵谷 勤
    ミネラル含有酵母の放射線防護効果
    第28回日本フリーラジカル学会学術集会,三重,2006年,5月13, 14日
  183. ○川島知憲,中西郁夫,川口久美子,大久保 敬,Sushma Manda,金澤秀子,安西和紀,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫
    金属イオン存在下におけるニトロキシドスピンプローブの酸化還元挙動
    Redox Behavior of Nitroxide Spin Probes in the Presence of Metal Ions
    第16回金属の関与する生体関連反応シンポジウム,東京大学,2006年,6月1, 2日
  184. ○川島知憲,中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,鈴木桂子,Sushma Manda,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,永澤秀子,堀 均,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦,伊古田暢夫
    プロペニルフェノール化合物によるフリーラジカル消去反応
    第6回AOB研究会,札幌,2006年,6月9日
  185. ○鈴木桂子,田中 泉,中西郁夫,榑松文子,薬丸晴子、伊古田暢夫、石原 弘
    Drastic induction of heme oxygenase-1 expression by several caffeic acid derivatives revealed by quantitative real-time RT-PCR
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress,京都,2006年,6月18〜23日
  186. Kiyoshi Fukuhara, Ikuo Nakanishi, Tomonori Kawashima, Ayako Tada, Haruko Yakumaru, Kei Ohkubo, Hideko Kanazawa, Shiro Urano, Haruhiro Okuda, Naoki Miyata, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, Shunichi Fukuzumi, and Nobuo Ikota
    Synthesis, Radical-Scavenging Activity, and Redox Behavior of Planar Catechin Derivatives
    XIII Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Congress Centre, Davos, Switzerland, August 15-19, 2006 (P9-2).
    SFRR Japan Young Investigator Award 2006
  187. Tomonori Kawashima, Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Yoshihiro Uto, Sushma Manda, Hideko Kanazawa, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Keiko Suzuki, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, Shunichi Fukuzumi, and Nobuo Ikota
    Kinetic Study on the Radical-Scavenging Activity of Natural Antioxidants Having 4-Propenylphenol Structures
    XIII Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Congress Centre, Davos, Switzerland, August 15-19, 2006 (P9-22).
  188. Kumiko Kawaguchi, Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Sushma Manda, Hideko Kanazawa, Keizo Takeshita, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, Shunichi Fukuzumi, and Nobuo Ikota
    Radical-Scavenging Activity of Nitroxide Radical as an Electron Donor
    XIII Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Congress Centre, Davos, Switzerland, August 15-19, 2006 (P23-68).
  189. ○安西和紀,上野恵美,乳井美奈子,薬丸晴子,中西郁夫,上田順市,伊古田暢夫,鍵谷 勤
    ミネラル含有酵母の放射線防護効果
    In vivo Radioprotection of Mice by Mineral-Containing Yeast
    日本放射線影響学会 第49回 札幌大会,北海道大学高等教育機能開発センター,2006年,9月6〜8日(OR-4-6)
  190. ○Kailash Manda,上野恵美,Sushma Manda,盛武 敬,中西郁夫,安西和紀
    alpha-Lipoic Acid Ameliorates Radiation-Induced Behavioural Toxicity and Brain Oxidative Stress in Mice
    日本放射線影響学会 第49回 札幌大会,北海道大学高等教育機能開発センター,2006年,9月6〜8日(P2-51)
  191. ○川島知憲,中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,鈴木桂子,Sushma Manda,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,永澤秀子,堀 均,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦,伊古田暢夫
    4-プロペニルフェノール化合物によるフリーラジカル消去反応における構造活性相関
    第2回分子情報ダイナミクス研究会,ホテル阪急エキスポパーク,2006年,9月25, 26日
  192. ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,Sushma Manda,金澤秀子,奥田晴宏,福原 潔,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫,安西和紀
    クルクミンのラジカル消去活性に対する金属イオンの効果
    Effects of Metal Ions on Radical-Scavenging Activity of Curcumin
    バイオ関連化学合同シンポジウム(第21回生体機能関連化学部会・第9回バイオテクノロジー部会・第9回生命化学研究会),京都大学工学研究科(桂キャンパス),2006年,9月28〜30日(1P036)
  193. 中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,川島知憲,Sushma Manda,金澤秀子,永澤秀子,堀 均,奥田晴宏,福原 潔,小澤俊彦,伊古田暢夫,福住俊一,安西和紀
    アルテピリンCおよびその誘導体のラジカル消去活性
    Radical-Scavenging Activity of Artepillin C and Its Derivatives
    バイオ関連化学合同シンポジウム(第21回生体機能関連化学部会・第9回バイオテクノロジー部会・第9回生命化学研究会),京都大学工学研究科(桂キャンパス),2006年,9月28〜30日(1P037)
  194. 中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,○川島知憲,Sushma Manda,金澤秀子,永澤秀子,堀 均,奥田晴宏,福原 潔,小澤俊彦,伊古田暢夫,福住俊一,安西和紀
    アルテピリンCおよびその誘導体のクミルペルオキシルラジカル消去活性
    日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第30回大会,東京工科大学,2006年,10月20, 21日
  195. 中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,川島知憲,Sushma Manda,金澤秀子,永澤秀子,堀 均,奥田晴宏,福原 潔,小澤俊彦,伊古田暢夫,福住俊一,安西和紀
    ESRによる新規アルテピリンC誘導体のラジカル消去活性評価
    第45回電子スピンサイエンス学会年会,京都工芸繊維大学,2006年,11月14〜16日(P-58)
  196. Tomonori Kawashima, Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Yoshihiro Uto, Sushma Manda, Keiko Suzuki, Hideko Kanazawa, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, Nobuo Ikota, and Shunichi Fukuzumi
    Radical-Scavenging Reactions of 4-Propenylphenol Derivatives
    13th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Denver, Colorado, USA, November 15-19, 2006.
  197. Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Kumiko Kawaguchi, Minako Nyui, Mitsuko Takusagawa, Sushma Manda, Tomoyoshi Suenobu, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Hideko Kanazawa, Naoki Miyata, Toshihiko Ozawa, Kazunori Anzai, Shunichi Fukuzumi, and Nobuo Ikota
    DNA Cleaving-Activity of Water-Soluble C70 under Visible-Light Irradiation
    13th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Denver, Colorado, USA, November 15-19, 2006.
  198. 福原 潔,中西郁夫,松岡厚子,松村友博,本田幸子,林美貴子,小澤俊彦,宮田直樹,伊古田暢夫,斉藤慎一,奥田晴宏
    抗酸化作用の増強と遺伝毒性の軽減を目的としたレスベラトロール誘導体の開発
    日本環境変異原学会第35回大会,リーガロイヤルホテル堺,2006年,11月20, 21日(P087)
  199. 中西郁夫
    教育講演:抗酸化物質によるフリーラジカル消去反応のダイナミクス
    第21回日本フリーラジカル学会関東支部会,共立薬科大学,2006年,12月2日
  200. ○川島知憲,中西郁夫,薬丸晴子,乳井美奈子,Sushma Manda,大久保 敬,金澤秀子,福原 潔,奥田晴宏,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫,安西和紀
    分子内に塩基性部位を有する新規ビタミンE誘導体の合成とラジカル消去活性評価
    第18回ビタミンE研究会,ハウステンボス・ユトレヒトプラザ,2007年,1月26, 27日(O-03)
  201. Sushma Manda,○中西郁夫,川島知憲,大久保 敬,金澤秀子,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫,安西和紀
    ニトロキシルラジカルの酸化還元挙動に対する溶媒効果
    Solvent Effect on Redox Behavior of Nitroxyl Radicals
    日本化学会第87春季年会,関西大学,2007年,3月25〜28日(3PC-246)
  202. ○安西和紀,上野恵美,乳井美奈子,薬丸晴子,中西郁夫,上田順市,伊古田暢夫,鍵谷 勤
    放射線照射後の投与でマウスの骨髄死を防護できるミネラル含有酵母
    Heat-Killed Mineral-Containing Yeasts, Which Protect Mice from Bone Marrow Death by Post-Irradiation Administration
    日本薬学会第127年会,富山,2007年,3月28〜30日(29P1-pm177)
  203. 中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,川島知憲,Sushma Manda,金澤秀子,永澤秀子,堀 均,奥田晴宏,福原 潔,小澤俊彦,福住俊一,伊古田暢夫,安西和紀
    抗酸化作用の増強を目的としたアルテピリンC誘導体の開発
    Development of Artepillin C Derivatives with Enhanced Antioxidative Activity
    日本薬学会第127年会,富山,2007年,3月28〜30日(30P2-pm012)
  204. ○福原 潔,中西郁夫,松岡厚子,松村友博,本田幸子,林美貴子,小澤俊彦,宮田直樹,伊古田暢夫,斎藤慎一,奥田晴宏
    新規抗酸化剤の開発 - レスベラトロールのメチル誘導体 -
    Effect of Methyl Group on Antioxidative Properties of Resveratrol
    日本薬学会第127年会,富山,2007年,3月28〜30日(30P1-pm201)
  205. ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,Sushma Manda,金澤秀子,奥田晴宏,福原 潔,小澤俊彦,伊古田暢夫,福住俊一,安西和紀
    クルクミンのラジカル消去活性における金属イオンの効果
    Effects of Metal Ions on the Radical-Scavenging Reaction of Curcumin
    日本薬学会第127年会,富山,2007年,3月28〜30日(30P2-pm041)


    2007年度(20件)
  206. Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Yoshihiro Uto, Tomonori Kawashima, Sushma Manda, Hideko Kanazawa, Hitoshi Hori, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Toshihiko Ozawa, Nobuo Ikota, Shunichi Fukuzumi, and Kazunori Anzai
    Enhanced Radical-Scavenging Activity of Artepillin C Derivatives
    Experimental Biology Annual Meeting 2007 (EB2007), Washington, D.C., USA, April 28-May 2, 2007 (LB373).
  207. ○安西和紀,上野恵美,乳井美奈子,薬丸晴子,中西郁夫,上田順市,伊古田暢夫,鍵谷 勤
    X線照射後腹腔内投与でマウス骨髄死を防護するミネラル含有酵母
    第1回日本放射線防護研究会,京都,2007年5月20日
  208. 中西郁夫,大久保 敬,宇都義浩,川島知憲,Sushma Manda,福原 潔,奥田晴宏,堀 均,伊古田暢夫,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦
    天然フェノール性抗酸化物質を基本骨格にした新規抗酸化物質の開発
    Development of Novel Antioxidants Based on the Structures of Natural Phenolic Antioxidants
    第7回AOB(Anti-Oxidant Biofactor)研究会,台大醫院國際會議中心,2007年6月1日(4)
  209. 中西郁夫
    フェノール性抗酸化物質によるフリーラジカル消去反応の分子ダイナミクス
    第29回日本フリーラジカル学会学術集会・第31回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会大会合同学会,名古屋国際会議場,2007年,6月9, 10日(S1)
  210. ○福原 潔,中西郁夫,松岡厚子,小澤俊彦,伊古田暢夫,宮田直樹,奥田晴宏
    レスベラトロールをテンプレートとした新規抗酸化剤の開発
    第29回日本フリーラジカル学会学術集会・第31回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会大会合同学会,名古屋国際会議場,2007年,6月9, 10日(B12)
  211. ○Sushma Manda,中西郁夫,大久保 敬,川島知憲,福住俊一,小澤俊彦,伊古田暢夫,安西和紀
    Electrochemistry of Cyclic Nitroxyl Radicals. Solvent Effect on the One-Electron Oxidation Potentials
    第29回日本フリーラジカル学会学術集会・第31回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会大会合同学会,名古屋国際会議場,2007年,6月9, 10日(P35)
  212. ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,Sushma Manda,福原 潔,奥田晴宏,小澤俊彦,伊古田暢夫,安西和紀,福住俊一
    クルクミンによるラジカル消去反応における生体関連金属イオンの効果
    Effects of Bio-Related Metal Ions on the Radical-Scavenging Reactions by Curcumin
    第17回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2007),京都テルサ,2007年,6月21, 22日(P2-07)
  213. 福原 潔,○中西郁夫,小原美紀,大久保 敬,川島知憲,小澤俊彦,伊古田暢夫,安西和紀,福住俊一,宮田直樹,斎藤慎一,奥田晴宏
    分子内にリジン部位を有する平面型カテキン誘導体のラジカル消去反応
    Radical-Scavenging Reaction of Planar Catechin Derivatives Having a Lysine Moiety
    第22回生体機能関連化学シンポジウム,東北大学多元物質科学研究所,2007年9月28, 29日(1P-60)
  214. Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Kentaro Miyazaki, Shiro Urano, Haruhiro Okuda, Nobuo Ikota, Kazunori Anzai, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Kiyoshi Fukuhara
    Structure-Activity Correlation in the Scavenging Reaction of Cumylperoxyl Radical by Polyphenolic Flavones
    A Joint Conference of the International Symposium on Electron Spin Science and the 46th Annual Meeting of the Society of Electron Spin Science and Technology (ISESS-SEST2007),Shizuoka Convention & Arts Center "GRANSHIP," November6-9, 2007.
  215. Ikuo Nakanishi, Tomokazu Shimada, Kei Ohkubo, Sushma Manda, Shiro Urano, Haruhiro Okuda, Naoki Miyata, Toshihiko Ozawa, Kazunori Anzai, Shunichi Fukuzumi, Nobuo Ikota, and Kiyoshi Fukuhara
    Electron-Transfer Mechanism in the Radical-Scavenging Reaction of Resveratrol
    14th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Washington, D.C., USA, November 14-18, 2007.
  216. Kiyoshi Fukuhara, Ikuo Nakanishi, Miki Obara, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Toshihiko Ozawa, Nobuo Ikota, Kazunori Anzai, Shunichi Fukuzumi, Naoki Miyata, Shinichi Saito, and Haruhiro Okuda
    Intramolecular Base-Accelerated Radical-Scavenging Reaction of a Planar Catechin Derivative Having a Lysine Moiety
    14th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Washington, D.C., USA, November 14-18, 2007.
  217. ○福原 潔,中西郁夫,松岡厚子,小澤俊彦,伊古田暢夫,宮田直樹,奥田晴宏
    抗酸化成分レスベラトロールのラジカル消去活性の増強と遺伝毒性の軽減
    第40回酸化反応討論会,奈良女子大学,2007年,11月17, 18日(1O-05)
  218. Ikuo Nakanishi, Yoshihiro Uto, Kei Ohkubo, Tadashi Shirai, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Kazunori Anzai
    Radical-Scavenging Rates of Biosynthetic Precursors of Vitemin E and Their Acyclic Analogues
    International Conference on Food Factors for Health Promotion (ICoFF2007), Kyoto International Conference Center, November 27-December 1, 2007 (P261).
    Poster Award
  219. ○Kiyoshi Fukuhara, Ikuo Nakanishi, Atsuko Matsuoka, Toshihiko Ozawa, Naoki Miyata, Nobuo Ikota, and Haruhiro Okuda
    Effect of Methyl Substitution of Antioxidative Properties and Genotoxicity of Resveratrol
    International Conference on Food Factors for Health Promotion (ICoFF2007), Kyoto International Conference Center, November 27-December 1, 2007.
  220. ○Tomonori Kawashima, Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Sushma Manda, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Toshihiko Ozawa, Nobuo Ikota, Kazunori Anzai, and Shunichi Fukuzumi
    Effects of Interaction between Curcumin and Metal Ions on the Radical-Scavenging Reaction
    The 4th Joint Meeting of the Society for Free Radical Research Australasia and Japan 2007 (SFRR A+J 2007), The Clock Tower of Kyoto University, December 1-5, 2007.
  221. ○Sushma Manda, Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Haruko Yakumaru, Ken-ichiro Matsumoto, Toshihiko Ozawa, Nobuo Ikota, Shunichi Fukuzumi, and Kazunori Anzai
    Nitroxyl Radicals: Electrochemical Approach to Structure-Activity Relationships
    第22回日本酸化ストレス学会関東支部会,昭和大学病院,2007年,12月14日
  222. Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Kentaro Miyazaki, Shiro Urano, Haruhiro Okuda, Nobuo Ikota, Kazunori Anzai, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Kiyoshi Fukuhara
    Structure-Activity Relationships in the Radical-Scavenging Reaction of Polyphenolic Flavones
    Oxygen Club of California 2008 World Congress, Santa Barbara, California, USA, March 12-15, 2008.
  223. ○福原 潔,中西郁夫,大久保 敬,深井直樹,小澤俊彦,宮田直樹,浦野四郎,福住俊一,安西和紀,奥田晴宏
    リジン側鎖を有する平面型カテキン誘導体の合成とラジカル消去活性
    Enhanced Radical-Scavenging Activity of Planar Catechin Derivative Having Lysine Moiety
    日本薬学会第128年会,横浜,2008年,3月26〜28日(26PE-am191)
  224. 中西郁夫,島田知一,大久保 敬,Sushma Manda,清水健彦,浦野四郎,奥田晴宏,宮田直樹,小澤俊彦,安西和紀,福住俊一,伊古田暢夫,福原 潔
    プロトン共役電子移動を経由するレスベラトロールのラジカル消去反応
    Radical-Scavenging Reaction of Resveratrol via Proton-Coupled Electron Transfer
    日本薬学会第128年会,横浜,2008年,3月26〜28日(26PH-11, 26PW-pm165)
    ハイライト
  225. ○Sushma Manda, 中西郁夫,大久保 敬,薬丸晴子,松本謙一郎,小澤俊彦,伊古田暢夫,福住俊一,安西和紀
    環状ニトロキシルラジカルの酸化還元挙動に及ぼす置換基効果
    Substituent Effect on Redox Behavior of Cyclic Nitroxyl Radicals
    日本化学会第88春季年会,立教大学,2008年3月26〜30日


    2008年度(25件)
  226. 中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,白井 斉,中田栄司,Sushma Manda,永澤秀子,堀 均,福原 潔,奥田晴宏,伊古田暢夫,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦
    ヒドロキノン類によるラジカル消去速度に及ぼす金属イオンの効果
    Effect of Metal Ions on the Radical-Scavenging Rates of Hydroquinones
    第18回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2008),名古屋,2008年6月5,6日
  227. 中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,Sushma Manda,松本謙一郎,永澤秀子,堀 均,福原 潔,奥田晴宏,伊古田暢夫,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦
    天然抗酸化物質の生合成前駆体およびその類縁体のラジカル消去活性
    第8回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,東京,2008年6月13日
  228. 中西郁夫,大久保 敬,宇都義浩,Sushma Manda,乳井美奈子,永澤秀子,堀 均,福原 潔,奥田晴宏,伊古田暢夫,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀
    金属イオン存在下におけるヒドロキノン類のラジカル消去反応
    第61回日本酸化ストレス学会学術集会,京都,2008年6月19,20日(P086)
  229. ○福原 潔,中西郁夫,島田知一,小澤俊彦,伊古田暢夫,浦野四郎,宮田直樹,安西和紀,奥田晴宏
    ラジカル消去活性の増強と遺伝毒性の軽減を目的としたレスベラトロールの誘導化
    第61回日本酸化ストレス学会学術集会,京都,2008年6月19,20日(S06-2)
  230. ○安西和紀,上野恵美,Kailash Manda,松本謙一郎,中西郁夫,盛武 敬,伊古田暢夫
    最近の放射線防御剤研究について
    平成20年度弥生研究会,東京大学東海村キャンパス,2008年7月29日
  231. 中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,堀 均,福原 潔,奥田晴宏,伊古田暢夫,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀
    ビタミンE生合成前駆体p-ヒドロキノンのラジカル消去機構
    Radical-Scavenging Mechanism of p-Hydroquinones as Biosynthetic Precursors of Vitamin E
    第3回バイオ関連化学合同シンポジウム,東京工業大学すずかけ台キャンパス,2008年9月18〜20日(3P-46)
  232. ○Kazunori Anzai, Takashi Moritake, Ken-ichiro Matsumoto, Ikuo Nakanishi, Kailash Manda, and Megumi Ueno
    Detection of Heavy-Ion Particle Radiation-Generated Free Radicals and Modifications of Their Biological Effects
    A Joint Conference of 13th In Vivo EPR Spectroscopy & Imaging and 10th International EPR Spin Trapping/Spin Labeling, JAL Resort Sea Hawk Hotel Fukuoka, September 28-30, 2008.
  233. Ikuo Nakanishi, Hiroko P. Indo, Nobuo Ikota, Minako Nyui, Ken-ichiro Matsumoto, Kei Ohkubo, Shunichi Fukuzumi, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, and Hideyuki J. Majima
    Evaluation of Antioxidative Ability of Antioxidative Food Factors by EPR Spin-Trapping, Stopped-Flow Kinetic Analysis, and Mitochondrial ROS Assay
    A Joint Conference of 13th In Vivo EPR Spectroscopy & Imaging and 10th International EPR Spin Trapping/Spin Labeling, JAL Resort Sea Hawk Hotel Fukuoka, September 28-30, 2008.
  234. ○Ken-ichiro Matsumoto, Ikuo Nakanishi, Kazutoyo Endo, and Kazunori Anzai
    Analysis of Free Radical Reactions in an Aqueous Sample Caused by Heavy-Ion (Carbon) Beam Irradiation
    A Joint Conference of 13th In Vivo EPR Spectroscopy & Imaging and 10th International EPR Spin Trapping/Spin Labeling, JAL Resort Sea Hawk Hotel Fukuoka, September 28-30, 2008.
  235. 中西郁夫
    電子スピン共鳴(ESR)法を用いた生体関連酸化還元反応機構の解明
    Mechanistic Study on Bio-Related Redox Reactions by Electron Spin Resonance (ESR)
    第47回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2008),九州大学,2008年10月1〜3日
    SEST奨励賞
  236. 中西郁夫,大久保 敬,宇都義浩,川島知憲,松本謙一郎,Sushma Manda,堀 均,福原 潔,奥田晴宏,伊古田暢夫,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀
    アルテピリンCおよびその誘導体のラジカル消去反応における構造活性相関
    第47回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2008),九州大学,2008年10月1〜3日
  237. ○松本謙一郎,中西郁夫,遠藤和豊,安西和紀
    重粒子(炭素)線の軌跡におけるフリーラジカル反応とその深度分布の解析
    第47回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2008),九州大学,2008年10月1〜3日
  238. Ikuo Nakanishi, Yoshihiro Uto, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Sushma Manda, Ken-ichiro Matsumoto, Hitoshi Hori, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Nobuo Ikota, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, Kazunori Anzai
    Structure-Activity Relationship in Radical-Scavenging Reactions of Naturally-Oriented Artepillin C Derivatives
    XIV Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Jiuhua Spa and Resort, Beijing, China, October 18-22, 2008.
    SFRR Japan Young Investigator Award 2008
  239. ○Ken-ichiro Matsumoto, Ikuo Nakanishi, Kazutoyo Endo, and Kazunori Anzai
    Free Radical Reactions in an Aqueous Sample Caused by Heavy-Ion (Carbon) Beam Irradiation
    15th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Indianapolis, Indiana, USA, November 19-23, 2008 (#24).
  240. Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Yoshihiro Uto, Tomonori Kawashima, Sushma Manda, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Hitoshi Hori, Nobuo Ikota, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Kazunori Anzai
    One-Step Hydrogen Atom Transfer in Radical-Scavenging Reactions by Artepillin C Derivatives Enhanced by Electron-Donating Groups
    15th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Indianapolis, Indiana, USA, November 19-23, 2008 (#156).
  241. 中西郁夫,大久保 敬,宇都義浩,川島知憲,Sushma Manda,堀 均,福原 潔,奥田晴宏,小澤俊彦,伊古田暢夫,福住俊一,安西和紀
    ブラジル産プロポリスに含まれるフェノール性抗酸化物質およびその誘導体のラジカル消去活性
    第41回酸化反応討論会,九州大学西新プラザ,2008年11月27, 28日(P-10)
  242. 中西郁夫,乳井美奈子,薬丸晴子,大久保 敬,川島知憲,福原 潔,奥田晴宏,稲見圭子,望月正隆,福住俊一,伊古田暢夫,小澤俊彦,安西和紀
    放射線防護剤を指向した分子内に塩基性部位を有する新規ビタミンE誘導体の開発
    Development of Novel Radioprotectors: Vitamin E Derivatives Having a Basic Moiety
    日本環境変異原学会第37回大会,沖縄,2008年12月4-6日(P-072)
  243. ○今井耕平,中西郁夫,安西和紀,中村朝夫,奥田晴宏,福原 潔
    エピカテキンの抗酸化作用の増強を目的とした立体構造固定化
    Conformationally Constrained Epicatechin Analogue as a Promising Antioxidant
    日本環境変異原学会第37回大会,沖縄,2008年12月4-6日(P-074)
  244. 中西郁夫
    ラウンドテーブルディスカッション:抗酸化物質が関与するフリーラジカル反応のメカニズム解明に対する物理化学的アプローチ
    第23回日本酸化ストレス学会関東支部会,神奈川歯科大学横浜研修センター,2008年12月13日(S-1)
  245. ○松本謙一郎,中西郁夫,安西和紀
    重粒子(炭素)線の照射でゼラチン試料内に生じる過酸化水素の分布
    第23回日本酸化ストレス学会関東支部会,神奈川歯科大学横浜研修センター,2008年12月13日(3-6)
  246. 稲見圭子,○中西郁夫,大久保 敬,福原 潔,奥田晴宏,伊古田暢夫,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀,望月正隆
    ラジカル消去活性の増強を目的としたビタミンE誘導体の開発
    第20回ビタミンE研究会,奈良文化会館,2009年1月24, 25日(O-2)
  247. 中西郁夫,宇都義浩,大久保 敬,川島知憲,松本謙一郎,Sushma Manda,堀 均,福原 潔,奥田晴宏,伊古田暢夫,小澤俊彦,安西和紀
    ブラジル産プロポリスに含まれるフェノール性抗酸化物質およびその誘導体のラジカル消去機構
    Radical-Scavenging Mechanism of a Phenolic Antioxidant in Brazilian Proporis and Its Derivatives
    日本薬学会第129年会,京都,2009年3月26〜28日(26Q-am086)
  248. ○今井耕平,中西郁夫,安西和紀,小澤俊彦,宮田直樹,中村朝夫,奥田晴宏,福原 潔
    ラジカル消去活性増強を目的とした立体固定化エピカテキンの合成
    Enhanced Radical-Scavenging Activity of a Conformationally Constrained Epicatechin Analogue
    日本薬学会第129年会,京都,2009年3月26〜28日(26Q-am104)
  249. 福原 潔,大野彰子,中西郁夫,今井耕平,中村朝夫,安西和紀,宮田直樹,奥田晴宏
    ニンヒドリンの反応特性を利用した新規カテキン誘導体の合成
    Acid-Catalyzed Condensation of Ninhydrin with (+)-Catechin
    日本薬学会第129年会,京都,2009年3月26〜28日(26Q-am106)
  250. ○松本謙一郎,乳井美奈子,上林將人,中西郁夫,小澤俊彦,安西和紀
    水の加温で生じるフリーラジカルの検出
    Detection of Free Radical Species Caused in Hot Water
    日本薬学会第129年会,京都,2009年3月26〜28日(27Q-am147)


    2009年度(25件)
  251. 中西郁夫,大久保 敬,川島知憲,福原 潔,奥田晴宏,伊古田暢夫,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀
    金属イオン存在下におけるポリフェノール類のラジカル消去反応
    Radical-Scavenging Reaction of Polyphenols in the Presence of Metal Ions
    第19回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2009),大阪,2009年6月11, 12日
  252. ○福原 潔,大野彰子,中西郁夫,今井耕平,中村朝夫,小澤俊彦,安西和紀,宮田直樹,奥田晴宏
    天然カテキンの生物活性制御を目的とした化学修飾法の開発
    第62回日本酸化ストレス学会学術集会,福岡,2009年6月11, 12日
  253. ○松本謙一郎,乳井美奈子,上林將人,小澤俊彦,中西郁夫,安西和紀
    加温により水中で生じるフリーラジカル反応の解析
    第62回日本酸化ストレス学会学術集会,福岡,2009年6月11, 12日
  254. ○松本謙一郎,乳井美奈子,上林將人,小澤俊彦,中西郁夫,安西和紀
    加温により水中で生じるフリーラジカル
    第9回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,ハイアットリージェンシー京都,2009年6月19日
  255. 中西郁夫,伊古田暢夫,松本茂信,大久保 敬,稲見圭子,望月正隆,福原 潔,奥田晴宏,松本謙一郎,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦
    金属イオン存在下におけるビタミンEモデルに由来するフェノキシルラジカルのキャラクタリゼーション
    第9回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,ハイアットリージェンシー京都,2009年6月19日
    奨励賞
  256. 松本謙一郎,○中西郁夫,安西和紀
    炭素線により水中で生じるフリーラジカル反応の解析
    Analyzing Free Radical Reactions Caused in Aqueous Samples Irradiated by Carbon Ion Beam
    高LET放射線研究会,東京大学本郷キャンパス,2009年7月30, 31日
  257. ○安西和紀,上野恵美,松本謙一郎,中西郁夫,Kailash Manda
    重粒子線の生物作用に対する放射線防護剤の効果
    Effects of Radiation Modifiers on Biological Responses Induced by Heavy-Ion Radiation
    高LET放射線研究会,東京大学本郷キャンパス,2009年7月30, 31日
  258. Ikuo Nakanishi
    Kinetic and Mechanistic Studies on Reaction of Phenolic Biofactors with Free Radicals
    SFRR International Free Radical School in Japan 2009, Joetsu Kokusai Resort, Niigata, Japan, Semtember 2-6, 2009.
  259. ○今井耕平,中西郁夫,安西和紀, 奥田晴宏, 中村朝夫, 福原 潔
    カテコール骨格固定型カテキン誘導体の合成
    第53回日本薬学会関東支部会,城西大学薬学部,2009年10月3日
  260. ○松本謙一郎,乳井美奈子,上林將人,小澤俊彦,中西郁夫,安西和紀
    水溶液中での温度依存的フリーラジカル反応の解析
    Temperature Depending Free Radical Reaction in Water
    第48回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2009),神戸大学,2009年11月10〜12日
  261. 中西郁夫
    ミニシンポジウム:スピンアナリシスによる抗酸化物質のラジカル消去反応機構解明
    Mechanistic Study on Radical-Scavenging Reaction of Antioxidants by Spin Analysis
    第48回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2009),神戸大学,2009年11月10〜12日
  262. Ikuo Nakanishi, Yoshihiro Uto, Kei Ohkubo, Ken-ichiro Matsumoto, Hitoshi Hori, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Nobuo Ikota, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Kazunori Anzai
    Radical-Scavenging Activity of Biosynthetic Precursors of Vitamin E and Their Derivatives
    16th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), San Francisco, California, USA, November 18-22, 2009.
  263. ○Ken-ichiro Matsumoto, Minako Nyui, Masato Kamibayashi, Toshihiko Ozawa, Ikuo Nakanishi, and Kazunori Anzai
    Temperature Depending Free Radical Reaction in Water
    16th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), San Francisco, California, USA, November 18-22, 2009.
  264. ○今井耕平,中西郁夫,安西和紀,奥田晴宏,中村朝夫,福原 潔
    抗変異原物質として期待される立体構造固定型エピガロカテキンの合成
    Synthesis of Conformationally Constrained Epigallocatechin Analogue as a Promising Antimutagen
    日本環境変異原学会第38回大会,静岡,2009年11月26, 27日
  265. ○Ken-ichiro Matsumoto, Ichio Aoki, Ikuo Nakanishi, Atsuko Matsumoto, Minako Nyui, Kazutoyo Endo, and Kazunori Anzai
    Visualizing Distribution of Hydrogen Peroxide in an Aqueous Gelatin Sample Irradiated by Carbon Ion Beam
    5th Joint Meeting of the Society for Free Radical Research Australasia and Japan, Sydney, Veterinary Science Conference Centre, University of Sydney, Australia, December 1-4, 2009.
  266. ○今井耕平,中西郁夫,安西和紀,小澤俊彦,奥田晴宏,中村朝夫,福原 潔
    エピガロカテキン誘導体の合成−高い抗酸化能を示すエピ体への期待−
    第24回日本酸化ストレス学会関東支部会,つくば国際会議場,2010年1月9日
  267. 松本謙一郎,乳井美奈子,中西郁夫,安西和紀
    TEMPOLとビタミンEとの反応の解析
    第21回ビタミンE研究会,東京,2010年1月22, 23日(O-3)
  268. 中西郁夫,A K M Raushan Kabir Zoardar,大久保 敬,稲見圭子,松本謙一郎,望月正隆,福原 潔,奥田晴宏,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀
    ビタミンE類縁体アニオンによる電子移動還元反応
    第21回ビタミンE研究会,東京,2010年1月22, 23日(O-7)
  269. Ikuo Nakanishi, Haruko Yakumaru, Minako Nyui, Kei Ohkubo, Ken-ichiro Matsumoto, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, Kazunori Anzai, and Nobuo Ikota
    Intramolecular Base-Accelerated Radical-Scavenging Reaction by Vitamin E Derivatives Bearing a Pyridine Moiety
    Oxygen Club of California 2010 World Congress, Santa Barbara, California, USA, March 17-20, 2010.
  270. ○Kazunori Anzai, Atsuko Matsumoto, Ken-ichiro Matsumoto, Sushma Manda, Megumi Ueno, and Ikuo Nakanishi
    Effect of Amifostine, a Radiation-Protecting Drug, on Oxygen Concentration of Normal Tissue Measured by EPR Oximetry
    Oxygen Club of California 2010 World Congress, Santa Barbara, California, USA, March 17-20, 2010.
  271. ○Ken-ichiro Matsumoto, Minako Nyui, Masato Kamibayashi, Toshihiko Ozawa, Ikuo Nakanishi, and Kazunori Anzai
    Generation of Reactive Oxygen Species by Heating Aqueous Solution Containing Oxygen
    Oxygen Club of California 2010 World Congress, Santa Barbara, California, USA, March 17-20, 2010.
  272. 中西郁夫,A K M Raushan Kabir Zoardar,大久保 敬,稲見圭子,松本謙一郎,望月正隆,福原 潔,奥田晴宏,伊古田暢夫,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀
    フェノール性抗酸化物質に由来するフェノレートアニオンの電子移動反応
    Electron-Transfer Reaction of Phenolate Anions Derived from Phenolic Antioxidants
    日本薬学会第130年会,岡山,2010年3月28〜30日(29P-am135)
  273. ○小林茂樹,知久馬敏幸,田村 修,小谷榮一,中西郁夫,松本謙一郎,安西和紀
    非水溶媒系における高スピンFeII(CH3CN)62+錯体のH2O2の活性化によるチミン塩基の酸素化反応と遷移状態構造について
    Oxidation Damage of Thymine by a High Spin FeII(CH3CN)62+-Ac2O-H2O2, and The Interaction Model of Active Intermediate with Thymine
    日本薬学会第130年会,岡山,2010年3月28〜30日(29P-am363)
  274. ○松本謙一郎,中西郁夫,安西和紀
    重粒子線の生成するヒドロキシルラジカルの検出
    Detecting Hydroxyl Radical Caused by Heavy-Ion Beam
    日本薬学会第130年会,岡山,2010年3月28〜30日(29P-am456)
  275. ○今井耕平,中西郁夫,安西和紀,小澤俊彦,宮田直樹,奥田晴宏,中村朝夫,福原 潔
    強力なラジカル消去活性を有する天然ポリフェノール誘導体の合成
    Synthesis of Natural Polyphenol Analogue with Powerful Radical Scavenging Activity
    日本薬学会第130年会,岡山,2010年3月28〜30日(29TK-pm18)


    2010年度(41件)
  276. Ikuo Nakanishi, Haruko Yakumaru, Minako Nyui, Kei Ohkubo, Ken-ichiro Matsumoto, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, Kazunori Anzai, and Nobuo Ikota
    Intramolecular Base-Catalysis in the Radical-Scavenging Reaction by Vitamin E Derivatives Bearing a Pyridine Moiety
    EB2010, Anaheim, California, USA, April 24-28, 2010.
  277. ○Ken-ichiro Matsumoto, Ikuo Nakanishi, and Kazunori Anzai
    Redox Sensitive MR Contrast Agent
    EB2010, Anaheim, California, USA, April 24-28, 2010.
  278. ○Ken-ichiro Matsumoto, Ikuo Nakanishi, and Kazunori Anzai
    Reactive Oxygen Species Generated in an Aqueous Gelatin Sample Irradiated by Carbon Ion Beam
    EPR 2010 (A Joint Conference of the 14th In Vivo ESR/EPR Spectroscopy & Imaging and the 11th International EPR Spin Trapping/Spin Labeling), Condado Plaza Hotel, San Juan, Puerto Rico, USA, May 2-6, 2010.
  279. ○松本謙一郎,乳井美奈子, 上林將人,小澤俊彦,中西郁夫,安西和紀
    ニトロキシルラジカルと活性酸素種との反応性
    第10回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会舞子ビラ神戸,2010年6月4日
    松本謙一郎先生が奨励賞
  280. 中西郁夫,稲見圭子,大久保 敬,川島知憲,松本謙一郎,福原 潔,奥田晴宏,望月正隆,伊古田暢夫,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦
    分子軌道計算による新規フェノール性抗酸化物質の開発
    第10回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会舞子ビラ神戸,2010年6月4日
  281. ○今井耕平,中西郁夫,安西和紀,小澤俊彦,宮田直樹,奥田晴宏,中村朝夫,福原 潔
    塩基性アミノ酸を有するカテキン誘導体の合成
    第63回日本酸化ストレス学会学術集会,神奈川県民ホール,2010年6月24, 25日(P-37)
  282. 中西郁夫,稲見圭子,大久保 敬,川島知憲,松本謙一郎,福原 潔,奥田晴宏,望月正隆,伊古田暢夫,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀
    密度汎関数計算に基づく新規ビタミンE誘導体の分子設計とラジカル消去活性評価
    第63回日本酸化ストレス学会学術集会,神奈川県民ホール,2010年6月24, 25日(P-44)
  283. A K M Raushan Kabir Zoardar,○中西郁夫,川島知憲,松本謙一郎,小澤俊彦,安西和紀
    Effects of Solvents and Metal Ions on the Rates of Reaction of Melatonin with Free Radicals
    第63回日本酸化ストレス学会学術集会,神奈川県民ホール,2010年6月24, 25日(P-51)
  284. ○川島知憲,大久保 敬,中西郁夫,福住俊一
    スカンジウム-スーパーオキシド錯体とp-ベンゾキノン誘導体とのスカンジウムイオン共役電子移動反応
    第63回日本酸化ストレス学会学術集会,神奈川県民ホール,2010年6月24, 25日(P-68)
  285. 中西郁夫
    ビタミンEによるフリーラジカル消去反応に対する物理化学的アプローチ
    第13回Vitamin E Update Forum,如水会館オリオンルーム,2010年8月20日
  286. 中西郁夫,A K M Raushan Kabir Zoardar,川島知憲,上林將人,松本謙一郎,大久保 敬,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀
    プロトン性溶媒中におけるメラトニンのラジカル消去反応
    Radical-Scavenging Reaction of Melatonin in Protic Media
    第4回バイオ関連化学シンポジウム,大阪大学豊中キャンパス,2010年9月24〜26日(25日,2B-04)
  287. ○川島知憲,大久保 敬,中西郁夫,福住俊一
    スーパーオキシド−金属イオン錯体と生体キノン化合物との金属イオン共役電子移動反応
    第4回バイオ関連化学シンポジウム,大阪大学豊中キャンパス,2010年9月24〜26日(26日,3P-84)
  288. ○松本謙一郎,中西郁夫,安西和紀
    重粒子で生成する活性酸素種の検出と分布の解析
    第38回日本磁気共鳴医学会大会,つくば国際会議場,2010年9月30〜10月2日(9月30日,P-1-26)
  289. ○今井耕平,中西聡美,中西郁夫,安西和紀,増野匡彦,奥田晴宏,中村朝夫,福原 潔
    平面型カテキン−塩基性アミノ酸付加体の合成と抗酸化活性
    第54回日本薬学会関東支部大会,東京薬科大学,2010年10月2日(C01)
  290. ○Kazunori Anzai, Ken-ichiro Matsumoto, Ikuo Nakanishi, Megumi Ueno, Takashi Moritake, and Koji Tsuboi
    Free Radical Formation by Heavy-Ion Particle Radiation and Modification of Biological Effects of the Free Radicals
    Asia-Pacific EPR/ESR Symposium 2010 (APES2010), International Convention Center, Jeju, Korea, October 10-14, 2010.
  291. Ikuo Nakanishi
    Special Lecture: Metal Ion-Accelerated Radical-Scavenging Reactions of Phenolic Antioxidants
    17th International SPACC Symposium, Kagoshima, October 13-16, 2010 (October 15, S-4).
    The SPACC Young Investigator Award
  292. ○川島知憲,大久保 敬,田草川光子,福住俊一,中西郁夫
    金属イオン存在下における神経伝達物質および芳香族アミノ酸による光誘起DNA切断反応
    Photoinduced DNA Cleavage with a Neurotransmitter and Aromatic Amino Acids in the Presence of Metal Ions
    第49回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2010),名古屋大学,2010年11月11〜13日(11月12日,P-22)
  293. ○松本謙一郎,中西郁夫,Murali C. Krishna
    ニトロキシルラジカルとグルタチオンの反応のpH依存性
    第49回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2010),名古屋大学,2010年11月11〜13日(11月12日,P-39)
  294. ○大野彰子,岩浪直子,中西郁夫,宮田直樹,奥田晴宏,福原 潔
    βアミロイドの凝集阻害を標的とした抗酸化活性を有する新規アルツハイマー治療薬の開発
    第29回メディシナルケミストリーシンポジウム,京都テルサ,2010年11月17〜19日(11月17日,1P-66)
  295. ○福原 潔,中西郁夫,今井耕平,中西聡美,大野彰子,宮田直樹,増野匡彦,中村朝夫,奥田晴宏
    分子内に塩基性アミノ酸を有する平面型カテキン誘導体の抗酸化活性
    第29回メディシナルケミストリーシンポジウム,京都テルサ,2010年11月17〜19日(11月18日,2P-54)
  296. ○Kohei Imai, Ikuo Nakanishi, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, Haruhiro Okuda, Asao Nakamura, and Kiyoshi Fukuhara
    Synthesis of Conformationally Constrained Epigallocatechin Analogue as a Promising Antioxidant
    17th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Orlando, Florida, USA, November 17-21, 2010 (November 20, 516).
  297. ○Tomonori Kawashima, Kei Ohkubo, Shunichi Fukuzumi, and Ikuo Nakanishi
    Electron Transfer from Stable Superoxide Complex to Electron Acceptor as Benzoquinone Derivatives
    17th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Orlando, Florida, USA, November 17-21, 2010 (November 20, 600).
  298. ○Ken-ichiro Matsumoto, Ikuo Nakanishi, and Murali C Krishna
    Reaction of Nitroxyl Radicals and GSH; pH Dependece
    17th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Orlando, Florida, USA, November 17-21, 2010 (November 20, 605).
  299. Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Keiko Inami, Ken-ichiro Matsumoto, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Masataka Mochizuki, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Kazunori Anzai
    Electron-Transfer Properties of the Phenolate Anion Derived from a Vitamin E Model in the Presence of a Strong Base in an Aprotic Medium
    17th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM), Orlando, Florida, USA, November 17-21, 2010 (November 20, 609).
  300. ○松本謙一郎,中西郁夫,Murali C. Krishna
    ニトロキシルラジカルとグルタチオンのpH依存的反応の解析
    第25回日本酸化ストレス学会関東支部会,タワーホール船堀,2010年12月11日
  301. ○Tomonori Kawashima, Kei Ohkubo, Ikuo Nakanishi, and Shunichi Fukuzumi
    Two Pathways in Scandium Ion-Coupled Electron Transfer of Superoxide Ion
    PACIFICHEM 2010, Honolulu, Hawaii, USA, December 15-20, 2010 (December 17, 19:00-21:00, #296).
  302. ○Tomonori Kawashima, Kei Ohkubo, Ikuo Nakanishi, and Shunichi Fukuzumi
    Photoinduced DNA Cleavage with 5-Hydroxytryptamine and Aromatic Amino Acid
    PACIFICHEM 2010, Honolulu, Hawaii, USA, December 15-20, 2010 (December 17, 19:00-21:00, #297).
  303. ○Tomonori Kawashima, Kei Ohkubo, Kiyoshi Fukuhara, Toshihiko Ozawa, Kazunori Anzai, Shunichi Fukuzumi, and Ikuo Nakanishi
    Effects of Metal Ions on the Radical-Scavenging Reactions by Curcumin
    PACIFICHEM 2010, Honolulu, Hawaii, USA, December 15-20, 2010 (December 17, 19:00-21:00, #298).
  304. ○Ken-ichiro Matsumoto, Aya Okajo, Iori Ui, Sushma Manda, Ikuo Nakanishi, Kazunori Anzai, and Kazutoyo Endo
    In Vivo Redox Status in Rat Bile and Blood under Oxygenated Atmosphere
    PACIFICHEM 2010, Honolulu, Hawaii, USA, December 15-20, 2010 (December 18, 10:00-12:00, #639).
  305. Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Keiko Inami, Ken-ichiro Matsumoto, Masataka Mochizuki, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Nobuo Ikota, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Kazunori Anzai
    Electron-Transfer Oxidation of the Phenolate Anion Derived from a Vitamin E Model
    PACIFICHEM 2010, Honolulu, Hawaii, USA, December 15-20, 2010 (December 19, 10:00-12:00, #1640).
  306. Ikuo Nakanishi, Masato Kamibayashi, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Ken-ichiro Matsumoto, Tomoki Inaba, Ikuo Kawasaki, Masayuki Yamashita, Nobuo Ikota, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Kazunori Anzai
    Redox Chemistry of Antioxidative Dihydropyridine Derivatives Bearing a Pyrazole Moiety
    PACIFICHEM 2010, Honolulu, Hawaii, USA, December 15-20, 2010 (December 19, 10:00-12:00, #1698).
  307. ○Ken-ichiro Matsumoto and Ikuo Nakanishi
    Hydroxyl Radical Generation by Ionizing Radiation
    第16回日本学術振興会先端研究拠点事業セミナー,レイクサイドホテル久山,2011年1月8〜10日
  308. Ikuo Nakanishi, A. K. M. Raushan Kabir Zoardar, Masato Kamibayashi, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Ken-ichiro Matsumoto, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Kazunori Anzai
    Reaction of Melatonin with Free Radicals in a Protic Medium and the Mechanism
    International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine (FRCM 2011), Kyoto, January 20-22, 2011 (January 21, P09).
  309. ○Ken-ichiro Matsumoto, Ikuo Nakanishi, and Murali Krishna
    pH Dependent Reaction of Nitroxyl Radicals and Glutathione
    International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine (FRCM 2011), Kyoto, January 20-22, 2011 (January 21, P23).
  310. ○Kiyoshi Fukuhara, Ikuo Nakanishi, Kohei Imai, Akiko Ohno, Asao Nakamura, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, Naoki Miyata, and Haruhiko Okuda
    Planar Catechin Derivatives Incorporating Basic Amino Acids for Chemoprevention of Oxidative Stress Related Diseases
    International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine (FRCM 2011), Kyoto, January 20-22, 2011 (January 21, P51).
  311. Ikuo Nakanishi, Keiko Inami, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Ken-ichiro Matsumoto, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Masataka Mochizuki, Nobuo Ikota, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Kazunori Anzai
    Molecular Design of Novel Vitamin E Analogues with Enhanced Radical-Scavenging Activity Based on Density Functional Theory Calculations
    International Conference on Biomaterials Science (ICBS2011), Tsukuba, March 15-18, 2011.
  312. ○川島知憲,大久保 敬,福住俊一,中西郁夫
    活性酸素種によるプラスミドDNA切断反応に対する金属イオンの効果
    Effects of Metal Ions on Plasmid DNA Cleavage by Reactive Oxygen Species
    日本化学会第91春季年会,神奈川大学横浜キャンパス,2011年3月26〜29日
  313. 中西郁夫,A. K. M. Raushan Kabir Zoardar,川島知憲,上林將人,松本謙一郎,大久保 敬,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀
    メラトニンのラジカル消去機構
    Radical-Scavenging Mechanism of Melatonin
    日本化学会第91春季年会,神奈川大学横浜キャンパス,2011年3月26〜29日(3月26日,1PC-211)
  314. ○今井耕平,中西郁夫,中西聡美,増野匡彦,安西和紀,小澤俊彦,宮田直樹,奥田晴宏,中村朝夫,福原 潔
    pKaの異なるアミノ酸を有する平面型カテキン誘導体の合成
    Synthesis of Catechin Analogues with Various Amino Acids
    日本薬学会第131年会,静岡,2011年3月28〜31日(29M-pm10)
    ハイライト
  315. ○松本謙一郎,中西郁夫,安西和紀,小澤俊彦
    重粒子(炭素)線が生成するヒドロキシルラジカルの分布の解析
    Analizing Distribution of Hydroxyl Radical Caused by Heavy-Ion (Carbon) Beam
    日本薬学会第131年会,静岡,2011年3月28〜31日(30P-1017)
  316. 中西郁夫,稲見圭子,大久保 敬,川島知憲,松本謙一郎,福原 潔,奥田晴宏,望月正隆,伊古田暢夫,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀
    ビタミンEおよび6-クロマノール誘導体のラジカル消去反応における構造活性相関
    Structure-Activity Relationship in Radical-Scavenging Reactions of Vitamin E and 6-Chromanol Derivatives
    日本薬学会第131年会,静岡,2011年3月28〜31日(31P-0261)


    2011年度(40件)
  317. 中西郁夫,A. K. M. Raushan Kabir Zoardar,川島知憲,上林將人,松本謙一郎,大久保 敬,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦
    抗酸化活性を示すメラトニンのフリーラジカル消去機構
    第11回日本抗加齢医学会総会,国立京都国際会館,2011年5月27〜29日
  318. 中西郁夫,A. K. M. Raushan Kabir Zoardar,川島知憲,上林將人,松本謙一郎,大久保 敬,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦
    金属イオン存在下におけるメラトニンのラジカル消去反応
    第21回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2011),千葉大学けやき会館,2011年5月30, 31日
  319. ○川島知憲,大久保 敬,福住俊一,中西郁夫,松本謙一郎
    金属イオン存在下におけるスーパーオキシドによるDNA切断反応
    第21回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2011),千葉大学けやき会館,2011年5月30, 31日
  320. Ikuo Nakanishi, Keiko Inami, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Ken-ichiro Matsumoto, Kiyoshi Fukuhara, Haruhiro Okuda, Masataka Mochizuki, Nobuo Ikota, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, and Kazunori Anzai
    Substituent Effect on the Radical-Scavenging Reactivity of Vitamin E Analogues
    4th International Symposium on Nutrition, Oxygen Biology and Medicine (NOBM), Paris, France, June 15-17, 2011.
  321. ○Ken-ichiro Matsumoto, Ikuo Nakanishi, and Toshihiko Ozawa
    Method for Assessing Hydroxyl Radical Scavenging Activity
    4th International Symposium on Nutrition, Oxygen Biology and Medicine (NOBM), Paris, France, June 15-17, 2011.
  322. ○川島知憲,中西郁夫,今井耕平,大久保 敬,福原 潔,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦,松本謙一郎
    緑茶成分によるラジカル消去反応メカニズムに対する溶媒効果
    第11回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,北海道ルスツリゾート,2011年7月1日
  323. ○松本謙一郎,中西郁夫,小澤俊彦
    ヒドロキシルラジカル消去活性の測定法
    第11回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,北海道ルスツリゾート,2011年7月1日
  324. ○関根絵美子,中西郁夫,松本謙一郎,上林將人,岡安隆一,藤森 亮,安西和紀,村上 健
    ヒト正常細胞・癌細胞に対する天然由来抗酸化物質の単独投与効果及び放射線との併用効果の解析
    第11回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,北海道ルスツリゾート,2011年7月1日
  325. ○松本謙一郎,中西郁夫,犬童寛子,馬嶋秀行
    低線量X線の繰り返し照射によるマウス皮膚への影響
    第64回日本酸化ストレス学会学術集会,北海道ルスツリゾート,2011年7月2, 3日(P20)
  326. ○大野彰子,奥田晴宏,中西郁夫,宮田直樹,福原 潔
    抗酸化活性およびアミロイドβ蛋白凝集抑制作用を有する新規アルツハイマー病予防薬の開発
    第64回日本酸化ストレス学会学術集会,北海道ルスツリゾート,2011年7月2, 3日(P56)
  327. ○今井耕平,中西郁夫,中西聡美,高垣亮平,小澤俊彦,宮田直樹,奥田晴宏,松本謙一郎,中村朝夫,福原 潔
    ラジカル消去活性増強を目的としたアミノ酸を有する平面型カテキン誘導体の合成
    第64回日本酸化ストレス学会学術集会,北海道ルスツリゾート,2011年7月2, 3日(P59)
  328. ○高垣亮平,今井耕平,中西郁夫,小澤俊彦,宮田直樹,奥田晴宏,松本謙一郎,中村朝夫,福原 潔
    ラジカル消去活性増強を目的としたケルセチン誘導体の合成
    第64回日本酸化ストレス学会学術集会,北海道ルスツリゾート,2011年7月2, 3日(P60)
  329. ○関根絵美子,中西郁夫,松本謙一郎,上林將人,岡安隆一,藤森 亮,安西和紀,村上 健
    ヒト正常細胞およびがん細胞の増殖能に及ぼす天然由来抗酸化物質の影響
    第64回日本酸化ストレス学会学術集会,北海道ルスツリゾート,2011年7月2, 3日(P61)
  330. ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,松本謙一郎
    スーパーオキシドによるDNA切断反応に対するレドックス不活性な金属イオンの効果
    第64回日本酸化ストレス学会学術集会,北海道ルスツリゾート,2011年7月2, 3日(P63)
  331. ○松本謙一郎,乳井美奈子,中西郁夫,松本千波,福武昌人,加瀬義夫
    半夏瀉心湯の活性酸素消去能
    第64回日本酸化ストレス学会学術集会,北海道ルスツリゾート,2011年7月2, 3日(P64)
  332. 中西郁夫,犬童寛子,大久保 敬,伊古田暢夫,乳井美奈子,松本謙一郎,福原 潔,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦,馬嶋秀行
    放射線誘導アポトーシスを抑制する食品成分の抗酸化活性評価
    第64回日本酸化ストレス学会学術集会,北海道ルスツリゾート,2011年7月2, 3日(P69)
  333. 中西郁夫
    フェノール性抗酸化物質によるフリーラジカル消去反応の物理化学
    フリーラジカルスクール in 館山 2011,筑波大学館山研修所,2011年8月7〜9日
  334. ○Ken-ichiro B. Matsumoto, Ikuo C. Nakanishi, Hiroko P. Indo, and Hideyuki J. Majima
    Increasing Melanin Radical in Mouse Skin by Low Dose X-Ray Irradiation
    5th SFRR-Asia & 8th ASMRM & 11th J-mit, Kagoshima, August 31-September 4, 2011 (September 3, P-95).
  335. Ikuo Nakanishi, Hiroko P. Indo, Kei Ohkubo, Nobuo Ikota, Minako Nyui, Ken-ichiro Matsumoto, Kiyoshi Fukuhara, Shunichi Fukuzumi, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, and Hideyuki J. Majima
    Evaluation of Antioxidative Properties of Food Factors in Relation to Inhibitory Activity of Radiation-Induced Apoptosis
    5th SFRR-Asia & 8th ASMRM & 11th J-mit, Kagoshima, August 31-September 4, 2011 (September 3, P-98).
  336. ○Kohei Imai, Ikuo Nakanishi, Satomi Nakanishi, Ryohei Takagaki, Ken-ichiro Matsumoto, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, Haruhiro Okuda, Asao Nakamura, and Kiyoshi Fukuhara
    Synthesis of Catechin Derivatives with Basic Amino Acid as a Promising Antioxidant
    4th European Conference on Chemistry for Life Science (4ECCLS), Budapest, Humgary, August 31-September 3, 2011 (September 2).
  337. 中西郁夫,今井耕平,大久保 敬,中村朝夫,松本謙一郎,宮田直樹,小澤俊彦,福住俊一,福原 潔
    放射線防護剤を指向した新規フェノール性抗酸化物質の開発
    Development of Novel Phenolic Antioxidants as Promising Radioprotectors
    第5回バイオ関連化学シンポジウム,つくば国際会議場,2011年9月12〜14日(1C-15)
  338. ○川島知憲,大久保 敬,福住俊一,中西郁夫,松本謙一郎
    活性酸素種によるDNA切断反応に対するレドックス不活性金属イオンの効果
    Effects of Redox-Inactive Metal Ions on DNA Cleavage by Reactive Oxygen Species
    第5回バイオ関連化学シンポジウム,つくば国際会議場,2011年9月12〜14日(1P-124)
  339. ○Ken-ichiro Matsumoto and Ikuo Nakanishi
    Distribution and Density of Hydroxyl Raidcal Generated by Heavy-Ion (Carbon) Beam Irradiation to Aqueous Sample
    SPIN 2011, Marseille, France, September 26-29, 2011.
  340. ○Kohei Imai, Ikuo Nakanishi, Ken-ichiro Matsumoto, Asao Nakamura, and Kiyoshi Fukuhara
    Synthesis of Planar Catechin Derivative with Histidine for Diminishing Systemic Toxicity of Photodynamic Therapy
    The 8th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience (KJFP-2011), Seoul, Korea, October 28-31, 2011.
  341. ○川島知憲,中西郁夫,今井耕平,大久保 敬,福原 潔,福住俊一,松本謙一郎
    緑茶カテキン類による活性酸素種モデル消去の反応ダイナミクスにおける溶媒効果
    第44回酸化反応討論会,大阪大学吹田キャンパス,2011年11月4, 5日
  342. ○今井耕平,中西郁夫,高垣亮平,奥田晴宏,小澤俊彦,松本謙一郎,中村朝夫,福原 潔
    ラジカル消去活性の増強を目的としたジメチルケルセチン誘導体の合成
    Synthesis of Dimethylquercetin Derivative for the Purpose of Enhanced Radical-Scavenging
    第37回反応と合成の進歩シンポジウム,あわぎんホール,2011年11月7, 8日
  343. ○Ken-ichiro Matsumoto and Ikuo Nakanishi
    An Efficient Method for Assessing Hydroxyl Radical Scavenging Activity of Hydrophilic Antioxidants
    International Workshop "Advanced ESR Studies for New Frontiers in Biofunctional Spin Science and Technology" (AEBST 2011), Kobe, November 13, 14, 2011.
  344. Ikuo Nakanishi, Keiko Inami, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Kiyoshi Fukuhara, Shunichi Fukuzumi, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, Masataka Mochizuki, and Ken-ichiro Matsumoto
    Radical-Scavenging Activity of 6-Chromanol Derivatives with Various Substituents
    18th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2011), Atlanta, Georgia, USA, November 16-20, 2011 (November 18, 216).
  345. ○Ken-ichiro Matsumoto and Ikuo Nakanishi
    Efficient Method for Hydroxyl Radical Scavenging Activity of Antioxidants
    18th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2011), Atlanta, Georgia, USA, November 16-20, 2011 (November 19, 365).
  346. ○Kohei Imai, Ikuo Nakanishi, Satomi Nakanishi, Ryohei Takagaki, Ken-ichiro Matsumoto, Kazunori Anzai, Toshihiko Ozawa, Haruhiro Okuda, Asao Nakamura, and Kiyoshi Fukuhara
    Synthesis and Radical-Scavenging Activity of Planar Catechin Derivatives with Various Amino Acids as a Promising Antioxidant
    8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS11), Keio Plaza Hotel Tokyo, November 29-December 2, 2011.
  347. ○川島知憲,中西郁夫,今井耕平,大久保 敬,福原 潔,福住俊一,小澤俊彦,松本謙一郎
    緑茶カテキン類によるガルビノキシルラジカル消去機構に対する溶媒効果
    第26回日本酸化ストレス学会関東支部学術大会,東京工科大学蒲田キャンパス,2011年12月10日(06)
  348. ○今井耕平,中西郁夫,高垣亮平,小澤俊彦,栗原正明,松本謙一郎,中村朝夫,福原 潔
    抗酸化活性の増強を目的としたメチル基導入型ケルセチン誘導体の合成
    第26回日本酸化ストレス学会関東支部学術大会,東京工科大学蒲田キャンパス,2011年12月10日(07)
  349. ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,安西和紀,福原 潔,小澤俊彦,松本謙一郎
    ビタミンEモデルによるラジカル消去反応における酸の効果
    第23回ビタミンE研究会,ホテルJALシティ田町,2012年1月27, 28日(1月27日,P-2)
  350. ○福原 潔,大野彰子,荒井卓也,中西郁夫,松本謙一郎,奥田晴宏
    アミロイドβを標的としたアルツハイマー予防薬の開発
    第23回ビタミンE研究会,ホテルJALシティ田町,2012年1月27, 28日(1月28日,O-18)
  351. ○Tomonori Kawashima, Ikuo Nakanishi, Kohei Imai, Kei Ohkubo, Kiyoshi Fukuhara, Shunichi Fukuzumi, and Ken-ichiro Matsumoto
    Solvent Effects on the Galvinoxyl Radical-Scavenging Dynamics of Catechins
    第19回日本学術振興会先端拠点事業セミナー:Winter School in Fukuoka 2012,九州大学病院,2012年2月4日
  352. Ikuo Nakanishi, Keiko Inami, Kei Ohkubo, Tomonori Kawashima, Ken-ichiro Matsumoto, Kiyoshi Fukuhara, Masataka Mochizuki, Shunichi Fukuzumi, Kazunori Anzai, and Toshihiko Ozawa
    Fine-Tuning of Redox Properties of Substituted 6-Chromanols as Vitamin E Analogues Based on Density Functinal Theory Calculations
    第20回日本学術振興会先端拠点事業セミナー:International Redox Core Symposium,西鉄グランドホテル,2012年2月5, 6日
  353. ○川島知憲,中西郁夫,今井耕平,大久保 敬,福原 潔,福住俊一,松本謙一郎
    緑茶カテキン類による活性酸素種モデルの消去反応における溶媒効果
    Solvent Effect on the Scavenging Reaction of Reactive-Oxygen-Species Models by Green Tea Catechins
    日本化学会第92春季年会,慶應義塾大学日吉キャンパス,矢上キャンパス,2012年3月25〜28日(3月26日,2PA-214)
  354. ○松本謙一郎,中西郁夫
    抗酸化剤のヒドロキシルラジカル消去能の測定
    Assessment of Hydroxyl Radical Cancelation of an Antioxidant
    日本薬学会第132年会,北海道大学,2012年3月28〜31日(29P2-pm122)
  355. ○今井耕平,中西郁夫,高垣亮平,栗原正明,松本謙一郎,中村朝夫,福原 潔
    強力なラジカル消去活性を有するフラボノイド誘導体の合成
    Synthesis of Flavonoid Derivative with Powerful Radical Scavenging Activity
    日本薬学会第132年会,北海道大学,2012年3月28〜31日(30E09-am07S)
    ハイライト
  356. 中西郁夫,上林將人,川島知憲,A. K. M. Raushan Kabir Zoardar,大久保 敬,福住俊一,松本謙一郎,小澤俊彦,安西和紀
    メラトニンの抗酸化および放射線防護機構の解明
    Mechanistic Study on the Antioxidative and Radioprotective Properties of Melatonin
    日本薬学会第132年会,北海道大学,2012年3月28〜31日(30P2-pm028)
    ハイライト


    2012年度(31件)
  357. ルイス酸性を有するレドックス不活性な金属イオンによるDPPHラジカルの不均化反応
    Disproportionation of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical Catalyzed by Redox-Inactive Metal Ions as Lewis Acids
    ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,小澤俊彦,松本謙一郎
    第22回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2012),金沢大学,2012年5月31日,6月1日(5月31日,P-04)
  358. ハイパーサーミア温度におけるラット血漿中での活性酸素の発生
    ○上野恵美,乳井美奈子,中西郁夫,安西和紀,小澤俊彦,宇都義浩,松本謙一郎
    第65回日本酸化ストレス学会学術集会,あわぎんホール徳島県郷土文化会館,2012年6月7, 8日(7日,P13)
    上野恵美准研究員が優秀演題賞
  359. 迅速簡便な放射線防護剤スクリーニング法の確立
    ○関根絵美子,上野恵美,下川卓志,松本謙一郎,中西郁夫,中村悦子,中渡美也子,今井高志,安西和紀,村上 健
    第65回日本酸化ストレス学会学術集会,あわぎんホール徳島県郷土文化会館,2012年6月7, 8日(7日,P19)
  360. プロトン性および非プロトン性溶媒中におけるビタミンEモデルによるラジカル消去機構
    ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,松本謙一郎
    第65回日本酸化ストレス学会学術集会,あわぎんホール徳島県郷土文化会館,2012年6月7, 8日(7日,P47)
  361. アルテピリンCおよびその類縁体の密度汎関数計算による熱力学的パラメータとフリーラジカル消去活性との関係
    中西郁夫,大久保 敬,宇都義浩,川島知憲,Sushma Manda.松本謙一郎,堀 均,福原 潔,伊古田暢夫,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦
    第65回日本酸化ストレス学会学術集会,あわぎんホール徳島県郷土文化会館,2012年6月7, 8日(7日,P48)
  362. ブラジル産プロポリスに由来するアルテピリンCおよびその誘導体のフリーラジカル消去活性
    中西郁夫,川島知憲,Sushma Manda,宇都義浩,大久保 敬,堀 均,松本謙一郎,福原 潔,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦
    第12回日本抗加齢医学会総会,パシフィコ横浜,2012年6月22〜24日(23日,P106)
  363. ウコンの主成分クルクミンによるフリーラジカル消去反応に対するレドックス不活性な金属イオンの効果
    ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦,松本謙一郎
    第12回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,京都オークラホテル,2012年6月29日(7)
    川島知憲研究員が奨励賞
  364. アミノクロマノキシルラジカルの生成と分解
    ○稲見圭子,森田海根,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,望月正隆
    第12回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,京都オークラホテル,2012年6月29日(8)
  365. ラット胸腺細胞を用いた迅速簡便な抗酸化剤スクリーニング法の確立
    ○関根(鈴木)絵美子,上野恵美,松本謙一郎,中西郁夫,下川卓志,中村悦子,中渡美也子,今井高志,安西和紀,村上 健
    第12回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,京都オークラホテル,2012年6月29日(9)
  366. 中西郁夫
    フェノール性抗酸化物質によるフリーラジカル消去反応の物理化学
    フリーラジカルスクール in 館山 2012,筑波大学館山研修所,2012年8月7〜9日
  367. 上野恵美,乳井美奈子,中西郁夫,安西和紀,小澤俊彦,○松本謙一郎,宇都義浩
    Cancelation of Hyperthermia Induced Reactive Oxygen Species in Rat Prasma
    ICHO&JCTM 2012 (The 11th International Congress of Hyperthermic Oncology, The 29th Japanese Congress of Thermal Medicine),ハイアットリージェンシー京都,2012年8月28〜31日(29日,Pb-25)
  368. Involvement of Electron Transfer in the Radical-Scavenging Reaction of Melatonin in a Protic Medium
    中西郁夫,上林將人,大久保 敬,A. K. M. Raushan Kabir Zoardar,川島知憲,Kailash Manda,松本謙一郎,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀
    16th SFRRI Biennial Meeting,ロンドン,2012年9月6〜9日(6日,P1.47)
  369. Density of Hydroxyl Radical Generated in an Aqueous Solution Irradiated by Carbon Ion Beam
    ○松本謙一郎,中西郁夫,上野恵美,安西和紀
    16th SFRRI Biennial Meeting,ロンドン,2012年9月6〜9日(8日,P3.108)
  370. レドックス不活性な金属イオンによる活性酸素モデルラジカルの不均化反応
    Disproportionation of Model Radicals of Reactive Oxygen Species Catalyzed by Redox-Inactive Metal Ions
    ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,松本謙一郎
    第6回バイオ関連化学シンポジウム,北海道大学高等教育推進機構,2012年9月6〜8日(7日,2P-106)
  371. 分子内にピリジン部位を有するビタミンE誘導体のラジカル消去機構
    Radical-Scavenging Mechanism of Vitamin E Derivatives Bearing a Pyridine Moiety
    中西郁夫,乳井美奈子,薬丸晴子,大久保 敬,稲見圭子,川島知憲,松本謙一郎,望月正隆,福原 潔,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀,伊古田暢夫
    第51回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2012),札幌コンベンションセンター,2012年11月1〜3日(2日,P-30)
  372. 脳のレドックスイメージングとマウス脳へのX線照射の影響
    Brain Redox Imaging and Effects of X-ray Irradiation to Mouse Head
    ○松本謙一郎,上野恵美,中西郁夫,関田愛子,柴田さやか,新田展大,青木伊知男,山田健一
    第51回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2012),札幌コンベンションセンター,2012年11月1〜3日(2日,P-69)
  373. 蛍光ニトロキシドの消光機構解析
    Analysis of the Quenching Mechanism of Profluorescent Nitroxide
    ○松岡悠太,山崎俊栄,白水智則,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,山田健一
    第51回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2012),札幌コンベンションセンター,2012年11月1〜3日(3日,3B-11)
  374. Comparison of Blood-Brain-Barrier Permeable Nitroxyl Contrast Agents for Magnetic Resonance Brain RedOx Imaging
    ○松本謙一郎,上野恵美,中西郁夫,山田健一,青木伊知男
    19th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2012),サンディエゴ,2012年11月14〜18日
  375. Radical-Scavenging Reactions of Ascorbic Acid and Its Analogue in the Presence of a Redox-Inactive Metal Ion
    中西郁夫,稲見圭子,野村昌吾,大久保 敬,川島知憲,望月正隆,福住俊一,小澤俊彦,松本謙一郎
    19th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2012),サンディエゴ,2012年11月14〜18日
  376. クルクミンとレドックス不活性な金属イオンとの錯形成およびそのラジカル消去反応
    ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,安西和紀,小澤俊彦,松本謙一郎
    第27回日本酸化ストレス学会関東支部会,東京工業大学大岡山キャンパス,2012年12月15日
  377. ビタミンCおよびその誘導体の有機溶媒中におけるラジカル消去機構
    中西郁夫,稲見圭子,野村昌吾,大久保 敬,川島知憲,福原 潔,安西和紀,福住俊一,小澤俊彦,望月正隆,松本謙一郎
    第27回日本酸化ストレス学会関東支部会,東京工業大学大岡山キャンパス,2012年12月15日
  378. ビタミンEモデルのフリーラジカル消去に対する酸および金属イオンによる反応機構解析
    ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,小澤俊彦,安西和紀,松本謙一郎
    第24回ビタミンE研究会,慶應義塾大学芝共立キャンパス,2013年1月11, 12日
  379. Kinetic and Mechanistic Studies on Reaction of Antioxidants with Free Radicals
    中西郁夫
    International Free Radical Winter School in Muikamachi,六日町,2013年3月10〜13日(12日,Lecture 14)
  380. Dismutation of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical Catalyzed by Lewis and Bronsted Acids
    ○川島知憲,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,小澤俊彦,松本謙一郎
    International Free Radical Winter School in Muikamachi,六日町,2013年3月10〜13日(Poster 01)
    川島知憲研究員がPoster Award
  381. Cancelation of Hyperthermal Superoxide in Rat Plasma
    ○上野恵美,乳井美奈子,中西郁夫,安西和紀,小澤俊彦,松本謙一郎,宇都義浩
    International Free Radical Winter School in Muikamachi,六日町,2013年3月10〜13日(Poster 02)
    上野恵美准研究員がPoster Award
  382. Introduction of Hetero-Atom into the 5-Membered Cyclic Ene-Diol Conjugate-Carbonyl Structure of Vitamin C Affected the Radical-Scavenging Activity
    ○野村昌吾,稲見圭子,中西郁夫,望月正隆
    International Free Radical Winter School in Muikamachi,六日町,2013年3月10〜13日(Poster 05)
    野村昌吾君がPoster Award
  383. ガロタンニン類の合成とそのラジカル消去活性
    Synthesis of Gallotannins and Their Radical-Scavenging Activity
    ○井隼浩太,西田耕太朗,中西郁夫,小島秀夫
    日本化学会第93春季年会,滋賀,2013年3月22〜25日(22日,1PC-003)
  384. 天然抗酸化物質を基本骨格にした放射線防護剤の開発
    Development of Radioprotectors Based on the Structures of Natural Antioxidants
    中西郁夫
    日本化学会第93春季年会,滋賀,2013年3月22〜25日(25日,4S2-20)
  385. 非水溶媒中におけるアスコルビン酸およびその誘導体のラジカル消去機構
    Radical-Scavenging Mechanism of Ascorbic Acid and Its Derivative in Non-Aqueous Media
    中西郁夫,稲見圭子,野村昌吾,大久保 敬,川島知憲,福原 潔,安西和紀,小澤俊彦,福住俊一,望月正隆,松本謙一郎
    日本薬学会第133年会,横浜,2013年3月27〜30日(28日,28amA-591)
    ハイライト
  386. カテキンをテンプレートとしたアルツハイマー病予防薬の開発
    Novel Ninhydrin Adduct of Catechin for Chemoprevention of Alzheimer's Disease
    ○大野彰子,荒井卓也,中西郁夫,松本謙一郎,中川秀彦,宮田直樹,栗原正明,福原 潔
    日本薬学会第133年会,横浜,2013年3月27〜30日(29日,28pmA-085)
  387. 蛍光ニトロキシドの論理的設計に向けた消光メカニズム解析
    Analysis of Quenching Mechanism of Profluorescent Nitroxide toward Rational Design
    ○松岡悠太,山崎俊栄,白水智則,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,山田健一
    日本薬学会第133年会,横浜,2013年3月27〜30日(29日,29S-pm08S)


    2013年度
  388. ラット胸腺細胞を用いた抗酸化剤のスクリーニング
    ○関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,上野恵美,下川卓志,松本謙一郎,今井高志,安西和紀,村上 健
    第66回日本酸化ストレス学会学術集会,名古屋,2013年6月13〜14日(13日,P-09)
    関根(鈴木)絵美子主任研究員が優秀演題賞
  389. ガロタンニン類の合成とフリーラジカル消去反応における構造活性相関
    ○井隼浩太,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,小島秀夫
    第66回日本酸化ストレス学会学術集会,名古屋,2013年6月13〜14日(13日,P-57)
  390. ビタミンCおよびその誘導体の非水溶媒中におけるフリーラジカル消去反応
    中西郁夫,稲見圭子,野村昌吾,和氣 司,大久保 敬,福原 潔,鎌田 正,安西和紀,福住俊一,小澤俊彦,松本謙一郎,望月正隆
    第66回日本酸化ストレス学会学術集会,名古屋,2013年6月13〜14日(13日,P-58)
  391. 飲料水そのものの持つ抗酸化作用の測定
    ○松本謙一郎,犬童寛子,中西郁夫,末永重明,松井裕史,小澤俊彦,馬嶋秀行
    第66回日本酸化ストレス学会学術集会,名古屋,2013年6月13〜14日(13日,P-62)
  392. ラジカル消去を作用機構とした創薬を目指して
    ○福原 潔,大野彰子,中西郁夫,今井耕平,荒井卓也,小澤俊彦,中川秀彦,宮田直樹,松本謙一郎,栗原正明
    第66回日本酸化ストレス学会学術集会,名古屋,2013年6月13〜14日(14日,S2-1)
  393. 光度滴定法を用いた生体関連金属イオン存在下におけるフラボノイド類のラジカル消去活性評価
    ○和氣 司,中西郁夫,小林茂樹,鎌田 正,松本謙一郎
    第23回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2013),武蔵野大学,2013年6月21〜22日
  394. 生体関連金属イオン存在下におけるアスコルビン酸のフリーラジカル消去反応
    中西郁夫,稲見圭子,野村昌吾,大久保 敬,小澤俊彦,福住俊一,望月正隆,松本謙一郎
    第13回日本抗加齢医学会総会,パシフィコ横浜,2013年6月28〜30日
  395. 光度滴定法を用いた天然抗酸化物質のフリーラジカル消去活性評価
    ○和氣 司,中西郁夫,小林茂樹,鎌田 正,小澤俊彦,松本謙一郎
    第13回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,浅草ビューホテル,2013年7月12日
  396. ラット胸腺細胞を用いた抗酸化剤スクリーニングによるAOB成分の定量的活性評価
    ○関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,和氣 司,上野恵美,下川卓志,松本謙一郎,安西和紀,鎌田 正,村上 健
    第13回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,浅草ビューホテル,2013年7月12日
    関根(鈴木)絵美子主任研究員が奨励賞
  397. 光度滴定法を用いた生体関連金属イオン存在下におけるフラボノイド類のラジカル消去活性評価
    ○和氣 司,中西郁夫,小林茂樹,鎌田 正,松本謙一郎
    フリーラジカルスクール in 館山 2013,筑波大学館山研修所,2012年8月7〜9日
    和氣司君が優秀ポスター賞
  398. Digitalizing Radio Biological Effect in Mouse マウスの皮膚中メラニンラジカル量に基づく低線量X線の繰り返し照射に対する影響の判定法
    ○小川幸大,上野恵美,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    フリーラジカルスクール in 館山 2013,筑波大学館山研修所,2012年8月7〜9日
    小川幸大君が最優秀ポスター賞
  399. Roles of Reactive Oxygen Species Generated by Mitochondria on Cellular Signaling
    ○馬嶋秀行,犬童寛子,Hsiu-Chuan Yen,中西郁夫,末永重明,松本謙一郎,Sompong Sriburee,Samlee Mankhetkorn,松井裕史,Daret K. St. Clair,小澤俊彦
    Biennial Meeting of Society for Free Redical Research-Asia,台湾,2013年10月16〜19日(17日,S-3)
  400. 抗酸化物質のラジカル消去反応およびラット胸腺細胞に対する放射線防護作用における構造活性相関
    ○和氣 司,関根(鈴木)絵美子,小澤俊彦,鎌田 正,松本謙一郎,中西郁夫
    第3回CSJ化学フェスタ2013,タワーホール船堀,2013年10月21〜23日(22日,P5-11)
  401. フラボノイド類のラジカル消去活性に対する生体関連金属イオンの影響
    Effects of Bio-Related Metal Ions on the Radical-Scavenging Reaction of Flavonoids
    ○和氣 司,中西郁夫,鎌田 正,小澤俊彦,松本謙一郎
    第52回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2013),大宮ソニックシティ,2013年10月24〜26日
  402. マウス尾部皮膚中メラニンラジカル量に基づく検討〜治療線量X線の分割照射過程における皮膚への影響の判定〜
    Digitizing Time Course of Radiobiological Effect by Fractionated X-ray Irradiation -ESR Evaluation Based on the Amount of Melanin Radical of Mouse Tail Skin-
    ○小川幸大,上野恵美,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎,藤崎真吾
    第52回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2013),大宮ソニックシティ,2013年10月24〜26日
  403. 天然抗酸化物質の放射線防護剤スクリーニングとラジカル消去能の定量的評価
    Radioprotective Activity Screening of Natural Antioxidants and Quantitative Evaluation of Their Radical-Scavenging Activity
    ○関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,上野恵美,和氣 司,小川幸大,下川卓志,松本謙一郎,安西和紀,村上 健
    第52回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2013),大宮ソニックシティ,2013年10月24〜26日
  404. 抗酸化物質の酸化反応に及ぼすレドックス不活性金属イオンの影響
    Effects of Redox-Inactive Metal Ions on the Oxidation Potentials of Antioxidants
    ○和氣 司,大久保 敬,福住俊一,鎌田 正,松本謙一郎,中西郁夫
    第46回酸化反応討論会,筑波大学大学会館,2013年11月15, 16日(16日, P-39)
  405. ラジカル消去を作用機構とした放射線防護剤の開発
    中西郁夫
    京都大学大学院人間・環境学研究科特別講演会,京都大学,2013年12月3日
  406. 発育鶏卵を用いた5-Aminolevulinic AcidおよびTin Chlorin e6の薬物動態と超音波増感活性の評価
    ○宇都義浩,玉谷 大,水木佑輔,遠藤良夫,大久保 敬,中西郁夫,石塚昌宏,田中 徹,口池大輔,久保健太郎,乾 利夫,堀 均
    第17回バイオ治療法研究会学術集会,福岡大学病院,2013年12月7日
  407. フラボノイド類のフリーラジカル消去活性に及ぼす金属イオンの影響
    ○和氣 司,五十嵐欽太郎,関根(鈴木)絵美子,福井浩二,鎌田 正,小澤俊彦,村上 健,松本謙一郎,中西郁夫
    第28回日本酸化ストレス学会関東支部会,日本薬科大学,2013年12月21日(A2-03)
  408. 治療線量X線の分割照射過程における皮膚への放射線影響の数値化を目的とした、マウス尾部皮膚中メラニンラジカル量に基づく判定法とその検討
    ○小川幸大,上野恵美,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎,藤崎真吾
    第28回日本酸化ストレス学会関東支部会,日本薬科大学,2013年12月21日(P1-03)
  409. ビタミンE誘導体のフリーラジカル消去活性に対するレドックス不活性金属イオンの影響
    ○和氣 司,大久保 敬,松本謙一郎,福住俊一,鎌田 正,小澤俊彦,中西郁夫
    第25回ビタミンE研究会,米子市文化ホール,2014年1月24, 25日
  410. ρ0 Cells Are Susceptible to X-Irradiation
    ○犬童寛子,鶴岡千鶴,柿沼志津子,鈴木雅雄,松本謙一郎,中西郁夫,Hsiu-Chuan Yen,松井裕史,小澤俊彦,馬嶋秀行
    第32回Cytoprotection研究会,京都国際会館,2014年3月23日
  411. Enhanced Radical-Scavenging Activities of C-Methylated Quercetin
    ○福原 潔,今井耕平,中西郁夫,大野彰子,栗原正明,松本謙一郎,中村朝夫
    SFRRI 2014,京都国際会館,2014年3月23〜26日(25日,P042)
  412. Radioprotective and Radiomitigable Activity Screening of Natural Antioxidants and the Quantitative Evaluation
    ○関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,上野恵美,小川幸大,和氣 司,下川卓志,松本謙一郎,安西和紀,村上 健
    SFRRI 2014,京都国際会館,2014年3月23〜26日(25日,P069)
  413. Quantifying Radiobiological Effect Irradiated by Based on Amount of Melanin Radical in Mouse Tail Skin
    ○小川幸大,上野恵美,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎,藤崎真吾
    SFRRI 2014,京都国際会館,2014年3月23〜26日(25日,P070)
  414. Metal Ions with Lewis Acidity Catalyze the Disproportionation of the 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical in an Aprotic Medium
    ○和氣 司,中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,小澤俊彦,松本謙一郎,鎌田 正
    SFRRI 2014,京都国際会館,2014年3月23〜26日(25日,P095)
  415. レドックス不活性金属イオン存在下におけるDPPHラジカルの不均化反応に対する溶媒効果
    Solvent Effect on the Disproportionation of DPPH Radical in the Presence of Redox-Inactive Metal Ions
    ○和氣 司,大久保 敬,福住俊一,鎌田 正,小澤俊彦,松本謙一郎,中西郁夫
    日本化学会第94春季年会,名古屋大学,2014年3月27〜30日(27日,1PA-084)
  416. 腫瘍移植鶏卵モデルを用いた5-Aminolevulinic AcidおよびTin Chlorin e6の超音波増感活性の評価
    Sonodynamically Induced Antitumor Effect of 5-Aminolevulinic Acid and Tin Chlorin e6 in Tumor-Bearing Chick Embryo
    ○玉谷 大,宇都義浩,水木佑輔,國安翔太,野口智帆,遠藤良夫,中西郁夫,大久保 敬,石塚昌宏,田中 徹,口池大輔,久保健太郎,乾 利夫,堀 均
    日本薬学会第134年会,熊本,2014年3月27〜30日(29日,29amS-098)
  417. レドックス不活性な金属イオンによる活性酸素モデルラジカルの消去機構
    Scavenging Mechanism of a Model Radical of Reactive Oxygen Species by Redox-Inactive Metal Ions
    中西郁夫,川島知憲,大久保 敬,和氣 司,宇都義浩,鎌田 正,小澤俊彦,松本謙一郎,福住俊一
    日本薬学会第134年会,熊本,2014年3月27〜30日(29日,29pmM-221)

    ハイライト
  418. ストップトフロー法によるp-ヒドロキノン類のラジカル消去活性の評価
    Stopped-Flow Kinetic Analysis for the Radical-Scavenging Activity of p-Hydoroquinones
    ○和氣 司,大久保 敬,福住俊一,鎌田 正,小澤俊彦,松本謙一郎,中西郁夫
    日本薬学会第134年会,熊本,2014年3月27〜30日(29日,29pmM-222S)

    ハイライト

    2014年度
  419. ヒドロキノン類のラジカル消去活性に対するレドックス不活性金属イオンの影響
    Effects of Redox-Inactive Metal Ions on the Radical-Scavenging Activity of Hydroquinones
    ○和氣 司,中西郁夫,大久保 敬,松本謙一郎,福住俊一,小澤俊彦,鎌田 正
    第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2014),京都薬大,2014年6月14,15日(14日,P-19)
  420. レドックス不活性な金属イオン存在下におけるヒドロキノン類のラジカル消去活性評価
    ○和氣 司,中西郁夫,大久保 敬,松本謙一郎,福住俊一,鎌田 正,小澤俊彦
    第14回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,ホテル日航福岡,2014年6月27日
    和氣司君が奨励賞
  421. レドックス不活性金属イオンの影響に基づくフラボノイド類の構造活性相関
    ○和氣 司,大久保 敬,松本謙一郎,小澤俊彦,福住俊一,鎌田 正,中西郁夫
    創薬懇話会2014 in 岐阜,長良川温泉ホテルパーク,2014年7月10,11日
  422. フリーラジカル消去反応の物理化学
    中西郁夫
    フリーラジカルサマースクール in 館山 2014,筑波大学館山研修所,2014年8月7〜9日(7日)
  423. ラジカル消去活性の増強を目的としたジメチルカテキン誘導体の合成
    ○今井耕平,中西郁夫,松本謙一郎,中村朝夫,福原 潔
    フリーラジカルサマースクール in 館山 2014,筑波大学館山研修所,2014年8月7〜9日(8日)
    今井耕平博士が奨励賞
  424. ハイスループット放射線防護剤スクリーニング法の高度化
    ○坂本慶充,関根絵美子,馬 立秋,佐藤克俊,藤崎真吾,中西郁夫,下川卓志
    フリーラジカルサマースクール in 館山 2014,筑波大学館山研修所,2014年8月7〜9日(8日)
    坂本慶充君が奨励賞
  425. ガロタンニン類のラット胸腺細胞に対する放射線防護活性
    ○西田耕太朗,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,上野恵美,下川卓志,松本謙一郎,村上 健,小島秀夫
    第67回日本酸化ストレス学会学術集会,同志社大学今出川キャンパス,2014年9月4,5日(4日, P-47)
  426. ビタミンE誘導体のフリーラジカル消去活性に対するpHの影響
    ○和氣 司,大久保 敬,松本謙一郎,鎌田 正,福住俊一,小澤俊彦,中西郁夫
    第67回日本酸化ストレス学会学術集会,同志社大学今出川キャンパス,2014年9月4,5日(4日, P-48)
  427. 抗酸化活性尿酸アナログのラット胸腺細胞を用いた放射線防護活性評価
    関根(鈴木)絵美子,○小川幸大,安田大輔,高橋恭子,中西郁夫,上野恵美,松本謙一郎,安西和紀,増野匡彦,村上 健
    第67回日本酸化ストレス学会学術集会,同志社大学今出川キャンパス,2014年9月4,5日(4日, P-49)
  428. 電子供与基導入による抗酸化活性増強を目的としたC-メチルフラボノイド誘導体の合成
    ○今井耕平,中西郁夫,高垣亮平,大場友祐,松本謙一郎,福原 潔
    第67回日本酸化ストレス学会学術集会,同志社大学今出川キャンパス,2014年9月4,5日(4日, P-50)
  429. A Familiar Drug May Act as Radioprotector
    ○入江大介,馬 立秋,中西郁夫,関根絵美子,下川卓志,若月 優,唐澤久美子,今井高志,中野隆史
    ASTRO's 56th Annual Meeting,サンフランシスコ,2014年9月14〜17日
  430. ヒドロキノンのラジカル消去活性に対するルイス酸の影響
    ○和氣 司,大久保 敬,松本謙一郎,小澤俊彦,福住俊一,鎌田 正,中西郁夫
    第58回日本薬学会 関東支部大会,昭和薬科大学,2014年10月4日(P-052)
  431. フラボノイド類のラジカル消去反応速度に対するルイス酸の影響
    ○和氣 司,大久保 敬,松本謙一郎,小澤俊彦,鎌田 正,福住俊一,中西郁夫
    第4回CSJ化学フェスタ2014,タワーホール船堀,2014年10月14〜16日(15日, P5-012)
  432. ルイス酸存在下におけるフラボノイド類の酸化反応挙動
    ○和氣 司,大久保 敬,松本謙一郎,小澤俊彦,福住俊一,鎌田 正,中西郁夫
    第47回酸化反応討論会,熊本,2014年11月14, 15日(15日, P-15)
  433. 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical Solubilized by beta-Cyclodextrin in Water for Evaluation of Radical-Scavenging Activity of Antioxidants in Aqueous Systems
    中西郁夫,今井耕平,福原 潔,小澤俊彦,松本謙一郎
    21st Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2014),シアトル,2014年11月19〜23日
  434. 重粒子線(炭素線)の生物影響に対する抗酸化剤TEMPOLの効果
    ○上野恵美,中西郁夫,松本謙一郎
    第29回日本酸化ストレス学会関東支部会,東京,2014年12月20日
  435. シクロデキストリンで水溶化したDPPHラジカルとビタミンE誘導体との反応
    ○今井耕平,松本謙一郎,小澤俊彦,福原 潔,中西郁夫
    第26回ビタミンE研究会,東京,2015年1月9, 10日(9日, P-17)
    今井耕平博士が奨励賞
  436. アルツハイマー病治療薬を目指したビタミンE誘導体の創製
    ○福原 潔,荒井卓也,大野彰子,中西郁夫,松本謙一郎,小澤俊彦,宮田直樹,中川秀彦
    第26回ビタミンE研究会,東京,2015年1月9, 10日(10日, O-26)
  437. ラジカル消去活性増強を目的としたC-メチルケルセチン誘導体の合成
    Introduction of Methyl Groups to Quercetin with a High Activity of Scavenging Reactive oxygen Species
    今井耕平,中西郁夫,大場友祐,松林智子,小田中友紀,松本謙一郎,福原 潔
    日本薬学会第135年会,神戸,2015年3月25〜28日(27日, 27PB-am091)
  438. マウスの乳腺がん細胞に対するポルフィリン化合物の超音波増感活性と作用機序の解析
    Evaluation of Ultrasound Sensitizing Effect and Mechanism of Action of Porphyrin Derivatives for Breast Cancer Cells
    ○島村義樹,玉谷 大,水木佑輔,國安翔太,遠藤良夫,大久保 敬,中西郁夫,久保健太郎,口池大輔,乾 利夫,宇都義浩
    日本薬学会第135年会,神戸,2015年3月25〜28日(27日, 27PB-am300)
  439. ストップトフロー法を用いたルイス酸存在下におけるフラボノイド類のラジカル消去活性評価
    Effects of Lewis Acids on the Radical-Scavenging Activity of Flavonoids Evaluated by Stopped-Flow Technoque
    ○和氣 司,大久保 敬,福住俊一,小澤俊彦,松本謙一郎,鎌田 正,中西郁夫
    日本薬学会第135年会,神戸,2015年3月25〜28日(27日, 27PA-pm045S)
  440. β-シクロデキストリンによる2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカルの水溶化
    Solubilization of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl (DPPH) Radical to Water by beta-Cyclodextrin
    中西郁夫,今井耕平,大久保 敬,福住俊一,福原 潔,小澤俊彦,松本謙一郎
    日本薬学会第135年会,神戸,2015年3月25〜28日(27日, 27PB-pm083)
  441. LOX-1を創薬標的としたプロアントシアニジン誘導体の開発
    Synthesis of Proanthocyanidine Analogue Targeting Lectin-like Oxidized LDL Receptor
    ○水野美麗,小森公陽,根本徳子,中西郁夫,松林智子,小田中友紀,松本謙一郎,福原 潔
    日本薬学会第135年会,神戸,2015年3月25〜28日(27日, 27PB-pm272)
  442. ヒドロキノン類のラジカル消去活性および酸化電位に対するルイス酸の影響
    Effects of Lewis Acids on the Radical-Scavenging Activity and Oxidation Potentials of Hydroquinones
    ○和氣 司,大久保 敬,松本謙一郎,福住俊一,小澤俊彦,鎌田 正,中西郁夫
    日本化学会第95春季年会,千葉,2015年3月26〜29日(28日,3PA-071)


    2015年度
  443. High-Throughput Screening of Radioprotectors/sensitizer Using Thymocytes
    ○坂本慶充,関根(鈴木)絵美子,馬 立秋,佐藤克俊,藤崎真吾,松本謙一郎,中西郁夫,下川卓志
    ICRR2015,京都,2015年5月25〜29日(27日, 3-PS5F-27)
    坂本慶充君がYoung Investigators Travel AwardおよびExcellent Poster Awared
  444. The Protective Effects of Antioxidant TEMPOL to the Carbon Ion Beam Induced Muscle Fibrosis in Mouse Leg
    ○上野恵美,小川幸大,中村美月,中西郁夫,松本謙一郎
    ICRR2015,京都,2015年5月25〜29日(28日, 4-PS8D-16)
  445. シクロデキストリンで水溶化したDPPHラジカルによる水溶性食品成分の抗酸化活性評価
    中西郁夫,大久保 敬,今井耕平,福原 潔,松本謙一郎,福住俊一,小澤俊彦
    第15回日本抗加齢医学会総会,福岡,2015年5月29〜31日(30日, P61)
  446. シクロデキストリンで水溶化したDPPHラジカルを用いた水溶性抗酸化物質の速度論的活性評価
    中西郁夫,大久保 敬,今井耕平,上林將人,吉橋泰生,松本謙一郎,福原 潔,寺田勝英,伊東 忍,小澤俊彦,福住俊一
    第68回日本酸化ストレス学会学術集会,鹿児島,2015年6月11, 12日(11日, O-12)
  447. メチル基導入によるケルセチンの抗酸化活性の増強
    ○今井耕平,中西郁夫,松本謙一郎,福原 潔
    第68回日本酸化ストレス学会学術集会,鹿児島,2015年6月11, 12日(11日, P-43)
  448. LOX-1結合阻害作用を有するプロアントシアニジン誘導体の開発
    ○水野美麗,小森公陽,根本徳子,大石菜摘,中西郁夫,松本謙一郎,福原 潔
    第68回日本酸化ストレス学会学術集会,鹿児島,2015年6月11, 12日(11日, P-51)
  449. シクロデキストリンおよびその誘導体を用いたDPPHラジカルの水溶化
    中西郁夫,大久保 敬,今井耕平,小川幸大,上林將人,吉橋泰生,福原 潔,寺田勝英,伊東 忍,小澤俊彦,福住俊一,松本謙一郎
    第68回日本酸化ストレス学会学術集会,鹿児島,2015年6月11, 12日(11日, P-57)
  450. 天然生薬複合剤KPGの抗酸化能力の多面的解析
    ○加藤誠嗣,吉川幸宏,松井亜子,小川幸大,松本謙一郎,中西郁夫,加藤悠一,田中 雅,秋山(張)秋梅
    第15回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,大阪,2015年7月3日
  451. 水溶化DPPHラジカルを用いた抗酸化食品AOBの抗酸化活性評価
    ○小川幸大,中西郁夫,松本謙一郎,小澤俊彦
    第15回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,大阪,2015年7月3日
  452. 水溶性化合物および市販飲料水を用いた放射線防護剤効果の検討
    ○坂本慶充,関根絵美子,馬 立秋,佐藤克俊,藤崎真吾,松本謙一郎,中西郁夫,下川卓志
    フリーラジカルサマースクール in 館山 2015,筑波大学館山研修所,2015年8月8, 9日(9日)
    坂本慶充君が優秀演題賞
  453. 低LET放射線照射によるヒドロキシルラジカルの生成密度
    ○小川幸大,中西郁夫,松本謙一郎,藤崎真吾
    フリーラジカルサマースクール in 館山 2015,筑波大学館山研修所,2015年8月8, 9日(9日)
    小川幸大君が最優秀演題賞
  454. フリーラジカルが関与する生体関連レドックス反応の解析法
    中西郁夫
    フリーラジカルサマースクール in 館山 2015,筑波大学館山研修所,2015年8月8, 9日(9日)
  455. レスベラトロール誘導体の合成とそのラジカル捕捉活性ならびに放射線防護活性評価
    ○卯津羅早織,園田素啓,谷森紳治,関根絵美子,中西郁夫
    2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会,富山,2015年9月19, 20日
  456. テレフタル酸二ナトリウムを用いた低LET放射線による水溶液中ヒドロキシルラジカル生成の測定
    Measurement of Hydroxyl Radical Generated in Water by Low-LET Radiation Using Disodium TErephthalate
    ○小川幸大,乳井美奈子,中西郁夫,松本謙一郎
    第54回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2015),新潟,2015年11月2〜4日(3日, P-23)
  457. Reactivity of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical Solubilized in Water by beta-Cyclodextrin and Its Derivatives
    中西郁夫,大久保 敬,小川幸大,上林將人,小澤俊彦,福住俊一,松本謙一郎
    22nd Annual Meeting of the Society for Redox Biology and Medicine (SFRBM 2015),ボストン,2015年11月18〜21日(21日)
  458. 動脈硬化治療薬を目指したプロアントシアニジン誘導体の開発
    ○水野美麗,川村綾乃,大石菜摘,根本徳子,小森公陽,中西郁夫,松本謙一郎,福原 潔
    第33回メディシナルケミストリーシンポジウム,幕張国際研究センター,2015年11月25〜27日(1P-15, 25日)
  459. Reactive Oxygen Species Induced by X-ray and Heavy-Ion Beam
    ○松本謙一郎,小川幸大,上野恵美,中西郁夫
    PACIFICHEM 2015,ホノルル,2015年12月15〜20日(HLTH 166, 16日)
  460. Synthesis and Radical Scavenging Activity of C-Methylated Quercetin Analog
    ○今井耕平,中西郁夫,大場友祐,松本謙一郎,福原 潔
    PACIFICHEM 2015,ホノルル,2015年12月15〜20日(ORGN 1995, 18日)
  461. Solvent Effect on the Radical-Scavenging Mechanism of Ascorbic Acid and Its Derivatives
    中西郁夫,大久保 敬,稲見圭子,野村昌吾,福原 潔,松本謙一郎,小澤俊彦,福住俊一,望月正隆
    PACIFICHEM 2015,ホノルル,2015年12月15〜20日(ORGN 2038, 18日)
  462. 平面型カテキン誘導体の放射線防護効果
    ○関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,上野恵美,今井耕平,小川幸大,田草川光子,和氣 司,鎌田 正,松本謙一郎,福原 潔,村上 健
    第30回日本酸化ストレス学会関東支部会,東京(東海大学代々木キャンパス),2015年12月19日(11)
  463. REDOX解析による医療への貢献と既存概念にない生体REDOXメカニズムへの期待
    ○上林將人,小川幸大,中西郁夫,松本謙一郎
    第19回弥生研究会,東海村,2016年3月17日
  464. 水溶性抗酸化物質による水溶化DPPHラジカル消去速度に及ぼすpHの効果
    Effect of pH on the Scavenging Rates of Water-Soluble Antioxidants against DPPH Radical Solubilized in Water
    中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,小澤俊彦,松本謙一郎
    日本薬学会第136年会,横浜,2016年3月26〜29日(28日, 28AB-am120)
  465. 放射線がん治療に有用な新規ケルセチン誘導体の合成
    Synthesis of Quercetin Derivatives for Radiotherapy
    ○今井耕平,中西郁夫,松林智子,小田中友紀,松本謙一郎,福原 潔
    日本薬学会第136年会,横浜,2016年3月26〜29日(28日, 28AB-pm074)
  466. 新規プロアントシアニジン誘導体の開発 −動脈硬化治療薬を目指して−
    Synthesis of Proanthocyanidin Analogue to Reduce the Risk of Atherosclerosis
    ○水野美麗,川村綾乃,大石菜摘,根本徳子,小森公陽,中西郁夫,松本謙一郎,福原 潔
    日本農芸化学会2016年度大会,札幌,2016年3月27〜30日(30日, 4B059)


    2016年度
  467. ポスター発表:アスコルビン酸およびその誘導体のDPPHラジカル消去機構に対する溶媒効果
    中西郁夫,上林將人,小川幸大,小澤俊彦,松本謙一郎
    第16回日本抗加齢医学会総会,横浜,2016年6月10〜12日(12日, P131)
  468. ポスター発表:アスコルビン酸のラジカル消去速度に及ぼす生体金属関連イオンの効果
    Effect of a Bio-Related Metal Ion on the Radical-Scavenging Rates of Ascorbic Acid
    中西郁夫,大久保 敬,福住俊一,小澤俊彦,松本謙一郎
    第26回金属の関与する生体関連反応シンポジウム,札幌,2016年6月17, 18日(17日, P-07)
  469. 口頭発表:放射線によるヒドロキシルラジカル生成密度の検証と抗酸化物質によるラジカル消去
    ○小川幸大,上林將人,上野恵美,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    第16回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,横浜,2016年6月24日(4)
  470. 口頭発表:放射線がん治療併用剤を目指した新規抗酸化剤の開発
    ○今井耕平,中西郁夫,山本奈知,松本謙一郎,福原 潔
    第16回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,横浜,2016年6月24日(5)
    今井耕平博士が奨励賞
  471. ポスター発表:放射線がん治療併用を目指したアミノケルセチン誘導体の合成の効率化
    ○今井耕平,中西郁夫,山本奈知,松本謙一郎,福原 潔
    フリーラジカルサマースクール in 館山 2016,筑波大学館山研修所,2016年8月8, 9日(8日)
    今井耕平博士が最優秀演題賞
  472. 講義:フリーラジカルが関与する生体関連レドックス反応の物理化学
    中西郁夫
    フリーラジカルサマースクール in 館山 2016,筑波大学館山研修所,2016年8月8, 9日(9日)
  473. ポスター発表:X線により水溶液中に生じるヒドロキシルラジカルとヒドロペルオキシラジカルの評価
    ○小川幸大,上野恵美,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    第69回日本酸化ストレス学会学術集会,仙台,2016年8月30, 31日(30日, P-01)
  474. ポスター発表:β-シクロデキストリンで水溶化した2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジルラジカル(DPPH)への放射線照射
    中西郁夫,下川卓志,山下真一,上林將人,小川幸大,上野恵美,関根(鈴木)絵美子,小澤俊彦,松本謙一郎
    第69回日本酸化ストレス学会学術集会,仙台,2016年8月30, 31日(30日, P-03)
  475. ポスター発表:化学物質の放射線修飾効果と抗酸化活性の相関
    ○関根(鈴木)絵美子,小川幸大,中西郁夫,下川卓志,上林將人,松本謙一郎
    第69回日本酸化ストレス学会学術集会,仙台,2016年8月30, 31日(30日, P-49)
  476. ポスター発表:pH応答性抗酸化剤の開発 ー酸性条件下でラジカル消去活性が低下する新規放射線がん治療併用剤ー
    ○今井耕平,中西郁夫,山本奈知,松本謙一郎,福原 潔
    第69回日本酸化ストレス学会学術集会,仙台,2016年8月30, 31日(31日, P-52)
  477. ポスター発表:動脈硬化治療薬を目指したプロアントシアニジン誘導体の開発
    ○水野美麗,川村綾乃,中西郁夫,松本謙一郎,福原 潔
    第69回日本酸化ストレス学会学術集会,仙台,2016年8月30, 31日(30日, P-67)
  478. ポスター発表:動脈硬化治療薬を目指したプロアントシアニジン誘導体の開発
    水野美麗,○川村綾乃,中西郁夫,松林智子,松本謙一郎,福原 潔
    第60回日本薬学会関東支部大会,東京,2016年9月17日(P-07)
  479. 放射線による水溶液中のヒドロキシルラジカル生成密度の検証
    ○小川幸大,中西郁夫,松本謙一郎
    第59回放射線化学討論会,高崎,2016年9月20〜22日
  480. ポスター発表:β-シクロデキストリンで水溶化した2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカルの酸化還元特性
    Redox Properties of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl (DPPH) Radical Solubilized in Water by beta-Cyclodextrin
    中西郁夫,上林將人,小川幸大,小澤俊彦,松本謙一郎
    第55回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2016),大阪,2016年11月10〜12日(2P30)
  481. ポスター発表:Gauche型立体構造を有する高純度・高性能スピントラップG-CYPMPO
    ○上林將人,小川幸大,有光健治,安井裕之,中西郁夫,松本謙一郎,岡 壽崇,山下真一,安西和紀,小澤俊彦
    第55回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2016),大阪,2016年11月10〜12日(2P35)
  482. ポスター発表:水溶液試料に放射線を照射したときのラジカル種の評価
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    第55回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2016),大阪,2016年11月10〜12日(2P47)
  483. ポスター発表:EPR Based Estimation of Radiation-Induced Reactive Oxygen Species
    ○松本謙一郎,上野恵美,乳井美奈子,小川幸大,上林將人,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,安西和紀,小澤俊彦
    23rd Annual Meeting of the Society for Redox Biology and Medicine (SFRBM 2016)/SFRR International 18th Biennial Congress,サンフランシスコ,2016年11月16〜19日(17日, 025)
  484. ポスター発表:Redox Behavior of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical (DPPH) Solubilized in Water by beta-Cyclodextrin
    中西郁夫,小澤俊彦,松本謙一郎
    23rd Annual Meeting of the Society for Redox Biology and Medicine (SFRBM 2016)/SFRR International 18th Biennial Congress,サンフランシスコ,2016年11月16〜19日(17日, 027)
  485. ポスター発表:Synthesis of Aminoquercetin for Reducing Side Effects of Cancer Radiation Therapy
    ○今井耕平,中西郁夫,山本奈知,松本謙一郎,福原 潔
    23rd Annual Meeting of the Society for Redox Biology and Medicine (SFRBM 2016)/SFRR International 18th Biennial Congress,サンフランシスコ,2016年11月16〜19日(18日, 211)
    今井耕平博士がTalor & Francis Prestigious Poster Award
  486. ポスター発表:アルツハイマー病治療薬を目指したプロアントシアニジン誘導体の開発
    ○水野美麗,中西郁夫,森 一憲,柴沼質子,松本謙一郎,福原 潔
    第34回メディシナルケミストリーシンポジウム,つくば,2016年11月30日〜12月2日(11月30日, 1P-51)
  487. 口頭発表:LETの違いによる放射線由来のヒドロキシルラジカル生成密度の検証
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    第31回日本酸化ストレス学会関東支部会,豊洲,2016年12月17日(O1)
  488. 口頭発表:放射線がん治療併用剤を目指したケルセチン誘導体の合成
    ○今井耕平,中西郁夫,山本奈知,松本謙一郎,福原 潔
    第31回日本酸化ストレス学会関東支部会,豊洲,2016年12月17日(O13)
  489. 口頭発表:セレン欠乏マウスモデルの作製および肝GSH-Px活性の測定
    ○上野恵美,中西郁夫,松本謙一郎
    第31回日本酸化ストレス学会関東支部会,豊洲,2016年12月17日(P10)
  490. 5-アミノレブリン酸およびその生体内代謝物の炭素線増感作用に関する基礎的検討
    ○宇都義浩,八重和憲,上崎里沙,羽生紋佳,山田久嗣,富永正英,生島仁史,松本謙一郎,中西郁夫,沖本智昭
    第19回癌治療増感研究シンポジウム,奈良,2017年2月3, 4日
  491. Trial of Brain Redox Imaging and Estimation of Radiation-Induced Redox Change in Mouse Brain
    ○松本謙一郎,中村美月,上野恵美,中西郁夫,鎌田 正,山田健一,青木伊知男
    第7回国際放射線神経生物学会大会,越後湯沢,2017年2月9, 10日
  492. 放射線由来のヒドロキシルラジカル生成密度の物理化学的な検証
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    第20回弥生研究会,東海村,2017年3月7日
  493. 口頭発表:アミロイドβによる神経細胞毒性を抑制するプロアントシアニジン誘導体の開発
    Synthesis of Proanthocyanidin Analogue for the Treatment of Alzheimer's Disease
    ○水野美麗,森 一憲,中西郁夫,松本謙一郎,柴沼 質子,福原 潔
    日本農芸化学会2017年度大会,京都,2017年3月17〜20日(19日, 3C15a02)
  494. ポスター発表:Anti型からGauche型への熱変換による高感度・多目的スピントラップG-CYPMPOの合成
    Stabilization of High Sensitive CYPMPO by Thermal Transformation from Anti-Type to Gauche-Type: G-CYPMPO
    ○上林將人,小川幸大,岡 壽崇,山下正行,有光健治,安井裕之,中西郁夫,松本謙一郎,安西和紀,小澤俊彦
    日本薬学会第137年会,仙台,2017年3月24〜27日(25日, 25PA-am004S)
  495. ポスター発表:グルタチオンによる水溶化2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカル消去
    Scavenging Reaction of Water-Solubilized 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl (DPPH) Radical by Glutathione
    中西郁夫,小澤俊彦,松本謙一郎
    日本薬学会第137年会,仙台,2017年3月24〜27日(26日, 26PB-am018)
  496. ポスター発表:放射線により生成する活性酸素種生成量および酸化反応量の定量
    Quantification of Radiation-Induced Reactive Oxygen Species and Oxidative Reactions
    ○上野恵美,乳井美奈子,小川幸大,上林將人,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,安西和紀,小澤俊彦,松本謙一郎
    日本薬学会第137年会,仙台,2017年3月24〜27日(26日, 26PA-am138)
  497. ポスター発表:重粒子線により生じる極めて密なヒドロキシルラジカルの評価と検証
    Evaluation and Verification of Super Dense Hydroxyl Radical Production by Heavy-Ion Beams
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    日本薬学会第137年会,仙台,2017年3月24〜27日(26日, 26PA-am139S)
  498. 口頭発表:放射線がん治療の併用療法を目指した抗酸化剤の設計と合成
    Design and Synthesis of Aminoquercetin Analogue as a Promising Combination Therapy of Radiation Cancer Therapy
    ○今井耕平,中西郁夫,山本奈知,松林智子,小田中友紀,松本謙一郎,福原 潔
    日本薬学会第137年会,仙台,2017年3月24〜27日(27日, 27T-pm08)


    2017年度
  499. ポスター発表:ペットボトルミネラルウォーターのレドックス特性に及ぼす含有ミネラルの影響
    Effect of Contained Minerals on the Redox Behavior of Bottled Mineral Water
    ○小川幸大,上林將人,乳井美奈子,中西郁夫,松本謙一郎,犬童寛子,末永重明,小澤俊彦,馬嶋秀行
    第27回金属の関与する生体関連反応シンポジウム,東京,2017年6月16, 17日(16日, P-38)
  500. 口頭発表:油水混合環境中での活性酸素種の脂質への影響評価法の確立
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    第17回AOB (Anti-Oxidant Biofactor)研究会,神戸,2017年6月23日(2)
  501. ポスター発表:重粒子線照射によるヒドロキシルラジカル生成密度とLET依存性の検証
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会,つくば,2017年6月28, 29日(28, 29日, P-2)
    小川幸大君が優秀ポスター発表賞
  502. ポスター発表:チオール化合物のスーパーオキサイド生成能の評価
    乳井美奈子,上野恵美,関根絵美子,小川幸大,上林將人,東 梨佳子,下川卓志,中西郁夫,○松本謙一郎
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会,つくば,2017年6月28, 29日(28, 29日, P-14)
  503. ポスター発表:カテキン誘導体の膵リパーゼ阻害効果の検討
    ○関根絵美子,中西郁夫,今井耕平,上野恵美,小川幸大,福原 潔,松本謙一郎
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会,つくば,2017年6月28, 29日(28, 29日, P-60)
  504. ポスター発表:セレン欠乏マウスモデルの作製
    ○上野恵美,関根(鈴木)絵美子,下川卓志,中西郁夫,松本謙一郎
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会,つくば,2017年6月28, 29日(28, 29日, P-75)
  505. 口頭発表:グルタチオンによる水溶化2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカルの消去反応機構
    中西郁夫,大久保 敬,上野恵美,関根(鈴木)絵美子,小澤俊彦,松本謙一郎
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会,つくば,2017年6月28, 29日(29日, O-46)
  506. ポスター発表:Relationships between Experimental Radical-Scvenging Rates of Phenolic Antioxidants and Their Thermodynamic Parameters Calculated by Quantum Chemistry Calculations
    中西郁夫,大久保 敬,宇都義浩,松本謙一郎
    第1回QST国際シンポジウム「量子生命科学 -Quantum Life Science-」,幕張,2017年7月25, 26日(25日, P-30)
  507. ポスター発表:Planar Catechin Is a Novel Drug Candidate for Radiation Therapy Having a Radioprotective Effect in Normal Cells In Vitro and In Vivo
    ○関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,今井耕平,上野恵美,下川卓志,福原 潔,松本謙一郎
    第1回QST国際シンポジウム「量子生命科学 -Quantum Life Science-」,幕張,2017年7月25, 26日(25日, P-32)
  508. ポスター発表:Nano-Geometry of Hydroxyl Radical Generated by Low-LET Irradiation in Water
    ○小川幸大,上野恵美,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    第1回QST国際シンポジウム「量子生命科学 -Quantum Life Science-」,幕張,2017年7月25, 26日(25日, P-33)
  509. ポスター発表:Comparison of Reactivity of Nitroxyl Free Radicals and Reactive Oxygen Species
    ○上林將人,乳井美奈子,中西郁夫,安西和紀,小澤俊彦,松本謙一郎
    第1回QST国際シンポジウム「量子生命科学 -Quantum Life Science-」,幕張,2017年7月25, 26日(25日, P-34)
  510. ポスター発表:A Quantitation Approach for the Time Course of Mouse Leg Contracture Induced by Carbon-Ion Irradiation
    ○上野恵美,中西郁夫,松本謙一郎
    第1回QST国際シンポジウム「量子生命科学 -Quantum Life Science-」,幕張,2017年7月25, 26日(25日, P-35)
  511. 講義:抗酸化物質によるラジカル消去反応の物理化学と放射線防護
    中西郁夫
    フリーラジカルサマースクール in 館山 2017,NamiKaze TATEYAMA,2016年8月8, 9日(8日)
  512. ポスター発表:DPPHラジカル含有リポソームを用いた油水混合環境中でのレドックス反応評価
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    フリーラジカルサマースクール in 館山 2017,NamiKaze TATEYAMA,2016年8月8, 9日(8, 9日)
    小川幸大君が優秀演題賞
  513. ポスター発表:放射線の繰り返し照射により樹立した放射線抵抗性がん細胞株の性状解析
    ○東梨佳子,佐藤克俊,山田健一,中西郁夫,松本謙一郎,藤崎真吾,下川卓志
    フリーラジカルサマースクール in 館山 2017,NamiKaze TATEYAMA,2016年8月8, 9日(8, 9日)
    東梨佳子さんが優秀演題賞
  514. ポスター発表:平面型カテキン誘導体のラット胸腺細胞に対する放射線防護作用
    Radioprotective Activity of a Planar Catechin Derivative in Rat Thymocytes
    関根(鈴木)絵美子,○中西郁夫,今井耕平,上野恵美,下川卓志,松本謙一郎,福原 潔
    第11回バイオ関連化学シンポジウム,東京,2017年9月7〜9日(8日, 2PB-53)
  515. Three Month Stay in Space Caused Oxidative Stress in Mouse Hair Root and Outer Root Sheath
    ○馬嶋秀行,長澤大成,犬童寛子,末永重明,松本謙一郎,中西郁夫,伊藤 紘,松井裕史,富田和男,福重智子,金蔵拓郎,谷本昭英,寺田昌弘,東端 晃,石岡憲昭,大平充宣,Betty Nusgens,向井千秋
    The 8th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia) & The 14th Conference of the Asian Society of Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM) & Chinese Mit2017,西安,2017年9月8〜11日
  516. ポスター発表:Evaluation of LET Dependence of Hydroxyl Radical Generation Induced by Heavy-Ion Beam
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,上野恵美,中西郁夫,松本謙一郎
    The 8th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia (SFRR-Asia) & The 14th Conference of the Asian Society of Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM) & Chinese Mit2017,西安,2017年9月8〜11日
    小川幸大君がSFRR Asia Travel Award
  517. 口頭発表:油水混合環境中でのレドックス反応評価
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    第61回日本薬学会関東支部大会,東京,2017年9月16日(G-04)
  518. 招待講演:水溶化有機ラジカルによる水溶性抗酸化物質の速度論的活性評価
    Kinetic Activity Estimation for Water-Soluble Antioxidants Using a Water-Solubilized Organic Radical
    中西郁夫
    第60回放射線化学討論会,つくば,2017年9月27〜29日(28日, I-07)
  519. ポスター発表:アミロイドβ凝集阻害作用を有するプロアントシアニジン誘導体の創製
    ○水野美麗,森 一憲,中西郁夫,松本謙一郎,柴沼質子,福原 潔
    第35回メディシナルケミストリーシンポジウム,名古屋,2017年10月25〜27日(25日, 1P-059)
  520. ポスター発表:炭素イオン線照射によるマウス脚拘縮の時間経過に関する定量的アプローチ
    ○上野恵美,中西郁夫,松本謙一郎
    日本放射線影響学会第60回大会,千葉,2017年10月25〜28日(26日, P-17)
  521. ポスター発表:炭素イオン線を照射した水溶液の水溶化2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジルラジカルによるレドックス評価
    中西郁夫,山下真一,下川卓志,関根(鈴木)絵美子,上野恵美,小川幸大,松本謙一郎
    日本放射線影響学会第60回大会,千葉,2017年10月25〜28日(26日, P-74)
  522. ポスター発表:蛍光プローブ法を用いた重粒子線照射によるLET依存性ヒドロキシルラジカル生成密度の検証
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    日本放射線影響学会第60回大会,千葉,2017年10月25〜28日(26日, P-75)
  523. ポスター発表:脂質膜中の安定有機ラジカル量に基づく油水混合環境中における活性酸素種の脂質への影響評価
    Evaluation for the Effect of ROS on Lipids in Lipid-Water Admixed Environment Using a Stable Organic Radical Containing Liposome
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    第56回電子スピンサイエンス学会年会,東京,2017年11月2〜4日(2日, PS53)
  524. ポスター発表:LET Dependent Hydroxyl Radical Generation in Water by Heavy-Ion Beam Irradiation
    ○小川幸大,関根(鈴木)絵美子,中西郁夫,松本謙一郎
    24th Annual Meeting of the Society for Redox Biology and Medicine (SfRBM 2017),ボルチモア,2017年11月29〜12月2日
  525. ポスター発表:3,4-ジガロイル-1,5-キノラクトン及び関連化合物の合成と膵リパーゼ阻害活性の評価
    ○森実仁晃,関根(鈴木)絵美子,上野恵美,中西郁夫,小島秀夫
    第19回生体触媒化学シンポジウム,佐世保,2017年12月21, 22日(21日, PP15)
  526. ポスター発表:Availability of Thiol Compounds to Generate Superoxide by Reducing Molecular Oxygen
    乳井美奈子,上野恵美,中西郁夫,○松本謙一郎
    Oxygen Radicals, Gordon Research Conference,ベンチュラ,2018年2月4〜9日(#4, 7, 8日)
  527. ポスター発表:Inclusion Complex of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical with beta-Cyclodextrin as a Redox Probe in Aqueous Systems
    中西郁夫,小澤俊彦,松本謙一郎
    Oxygen Radicals, Gordon Research Conference,ベンチュラ,2018年2月4〜9日(#10, 7, 8日)
  528. 招待講演:水溶化2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカルによる水溶性抗酸化物質の速度論的活性評価
    中西郁夫
    第1回九州トランスレーショナルESR研究会,延岡,2018年2月17, 18日(17日)
  529. 口頭発表:アミロイドβによる神経細胞毒性を抑制するプロアントシアニジン誘導体の開発
    Design and Synthesis of Proanthocyanidin Derivatives as an Inhibitor of Amyloid beta Aggregation
    ○水野美麗,森 一憲,中西郁夫,松本謙一郎,柴沼質子,福原 潔
    日本農芸化学会2018年度大会,名古屋,2018年3月15〜18日(17日, 3A15p08)
  530. ポスター発表:セレン欠乏モデルマウスの作製と肝GSH-Px活性の変化
    Preparation of Selenium-Deficient Mouse Model and Its Glutathione Peroxidase Activity
    ○上野恵美,中西郁夫,松本謙一郎
    日本薬学会第138年会,金沢,2018年3月25〜28日(27日, 27PA-am419)
  531. ポスター発表:炭素イオン線またはX線を照射した2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジルラジカル溶液のレドックス評価
    Redox Evaluation of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical Solutions Irradiated by Carbon-Ion Beam or X-Ray
    中西郁夫,東梨佳子,下川卓志,山下真一,関根(鈴木)絵美子,上野恵美,小川幸大,小澤俊彦,藤崎真吾,松本謙一郎
    日本薬学会第138年会,金沢,2018年3月25〜28日(27日, 27PA-am415)


    2018年度
  532. ポスター発表:生体関連チオール類による水溶化2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカルの消去機構
    中西郁夫,大久保 敬,上野恵美,関根(鈴木)絵美子,小澤俊彦,松本謙一郎
    第18回日本抗加齢医学会総会,大阪,2018年5月25〜27日

Copyright (C) 1996-2018 ikuo.com. All Rights Reserved.